企業名

岡谷電機産業< 6926 >

本社所在地

〒158-8543  東京都世田谷区等々力6-16-9

会社情報HP

http://www.okayaelec.co.jp/

設立

1939年4月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

電機機器

同業他社

イビデン<4062> コニカミノルタ<4902>

沿革

1939年4月
株式会社昭和電機製作所設立。

1941年5月
東北電機無線株式会社に社名変更。

1946年5月
海軍の命令により長野県岡谷市に疎開。

1946年6月
本社を岡谷市に移転し、同時に社名を岡谷無線株式会社に改称。

1961年6月
本社を東京都渋谷区に移転。

1967年6月
現社名に変更。

1970年9月
東京証券取引所市場第二部上場。

2002年7月
本社を東京都世田谷区に移転。

2005年2月
本社を世田谷区三軒茶屋より、等々力に移転。

2006年3月
東京証券取引所市場第一部指定。

事業内容

商用電源を通して流入流出する電磁雑音による誤作動や故障から機器を守る「ノイズ関連製品」、送配電線・通信回線などを通して流入する誘導雷サージによる誤作動や故障から機器を守る「サージ関連製品」、LED、LCDに代表される「表示関連製品」並びに物体検出用及び監視システム用赤外LED光源などの「センサー関連製品」の製造販売事業を営む。

事業リスク

① 市場動向による影響

事業は、国内、海外双方の市場の動向の影響を受ける。これは、顧客が属する業界の動向のみならず、材料、部品業界など取巻くサプライチェーンに含まれるすべての業界の動向も含まれる。

② 技術革新及び顧客ニーズへの対応

技術革新、顧客ニーズの変化の動向を的確に把握できず、製品・サービスに反映できない場合あるいは反映が遅れた場合、顧客が他社あるいは代替技術を応用した他の製品・サービスに切り替える可能性あり。競合他社が、製品・サービスに対し圧倒的に競争優位性のある新製品を市場に投入してくる可能性あり。また、新製品の開発が計画より長期化、生産が遅延することにより新製品が陳腐化してしまう可能性あり。

③ 製品・サービスの欠陥によるリスク

提供する製品サービスに欠陥が生じ、これにより顧客に大きな損失を与えた場合、顧客は損失の責任を追及する可能性あり。また、この問題への対応如何によっては、社会的評価を著しく低下する可能性あり。

④ 自然災害などのリスク

火事、地震などの災害について、影響を出来るだけ抑えるための諸施策を実施しているが、生産拠点が壊滅的な損害を受けた場合、製品の提供の中断、修復費用の発生など事業、業績に大きな影響を与える可能性あり。また、災害などにより電力の供給不足が発生した場合は、操業に支障が出る可能性あり。事業継続計画を作成し、必要に応じて随時見直している。

⑤ 生産・供給に関するリスク

主力製品の生産の大部分を中国広東省東莞市及びスリランカで行う。現地における政治または法規制の変化、経済環境の変化による政治的活動の激化及びそれにともなう労働力の不足、労働条件の悪化や労働問題の発生などの予期せぬ事態が生じた場合、さらに伝染病の発症等により部品調達の遅れや工場操業停止などの問題が発生する可能性あり

主力サービス

① ノイズ関連製品事業

「ノイズサプレッションキャパシタ」「ハイパルス・スナバキャパシタ」等

② サージ関連製品事業

「サージアブソーバ」

③ 表示関連製品事業

「各種センサー」

④ センサー関連製品事業

「LED照明用光源」「フィールドシーケンシャル マルチカラーLCDディスプレイ」等