企業名

東邦銀行< 8346 >

本社所在地

〒960-8633 福島市大町3−25

会社情報HP

http://www.tohobank.co.jp/

設立

1941年11月4日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

銀行業

同業他社

みちのく銀行<8350>七十七銀行<8341>

沿革

昭和初期、政府は、戦時統制経済の一環として、“1県1行”主義の名のもとに銀 行合同を強力に推進。政府当局は、福島県内においては残存銀行のうち郡山商 業銀行、会津銀行、白河瀬谷銀行の3行を県内銀行合同の中核体とするため、 昭和15年、3行に対し合併勧奨を行った。

昭和 16年11月4日
3行の対等合併により「東邦銀行」を創立。昭和41年、預金 1,000億円達成。

昭和48年
東京証券取引所第1部へ指定。

平成19年
銀行本体 発行クレジットカード「東邦Alwaysカード」取扱開始。現在、115カ店(福島 105、東京2、宮城3、茨城2、栃木1、新潟1、インターネット支店1)を拠点と している。

事業内容

連結子会社2社、関連会社(持分法適用の関連会社)5社で構成され、114か店に おいて、銀行業を中心として主に金融サービスに係る事業を行っている。

事業リスク

①信用リスク

わが国の経済情勢、特に主たる営業地域としている福島県の経済情勢が貸出先 の業況等に悪影響を及ぼし、債務者区分の下方遷移や、担保価値の下落、また は予期せぬ事由の発生により、不良債権及び与信関係費用は増加するおそれが あり、その結果、業績に悪影響を及ぼす可能性あり。また、原子力発電所事故 による経済活動の制限や風評被害等が、貸出先の業績に悪影響を及ぼすことに より、不良債権や与信関係費用が増加するおそれがあり、その結果、業績に悪 影響を及ぼす可能性あり。

②市場リスク

株価が下落した場合には、保有株式に減損または評価損が発生し、業績に悪影 響を及ぼす可能性あり。また、国債など市場性のある債券を保有しており、今 後、長期金利が上昇し、債券価格が下落した場合には、保有債券に評価損が発 生し、業績に悪影響を及ぼす可能性あり。

③流動性リスク

市場環境が大きく変化した場合や、信用状況が悪化した場合に、必要な資金が 確保できなくなるリスクや、資金の確保に通常よりも著しく高い金利での資金 調達を余儀なくされ損失を被るリスクがある。また、市場の混乱等による市場 取引の中止や、通常より著しく不利な価格での取引を余儀なくされることで損 失を被るリスクあり。

主力サービス

①銀行業務

・預金業務
・貸出業務
・為替業務

②その他

・電子計算機ソフトウェア開発業務
・帳票等の印刷・製本業
・クレジットカード業務