企業名

西芝電機< 6591 >

本社所在地

〒671-1280 兵庫県姫路市網干区浜田1000

会社情報HP

http://www.nishishiba.co.jp/nsdk/index_j.htm

設立

1950年02月21日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

電気機器

同業他社

日本電産サーボ<6585> 東芝テック<6588> 芝浦メカトロニクス<6590>

沿革

1950年02月
東芝網干工場の設備、人員を継承して西芝電機株式会社を 設立、発足

1973年04月
大阪証券取引所市場第二部上場 1974年04月 東京証券取引所市場第二部上場

事業内容

船舶用電機システム事業、発電・産業システム事業

事業リスク

(1) 事業内容について  グループの船舶用電機システムの業績に大きく影響する造船市場においては、世界的な景気悪化の影響を受けて急減した新造船受注量に一部回復の兆しがみられるものの、受注に向けての競争を激化させ、市場の船価は下落傾向となっている。このような状況下、船舶用製品の価格引き下げ要請が強まり、グループの経営成績に重大な影響を与える可能性がある。発電・産業システムは、輸出環境の悪化や国内のデフレの長期化による景気の失速、それに伴う設備投資意欲の減退により、グループの経営成績に重大な影響を与える可能性がある。また、顧客に安価で信頼性の高い電力を供給することを目的としており、エネルギーコストの影響を強く受ける分野である。そのため、社会や市場でのエネルギーコストの変動、新エネルギーの出現等により、グループ取扱商品の急速な陳腐化や市場性の低下をまねき、グループの経営成績に重大な影響を与える可能性がある。グループの製品で受注生産となっているものは、顧客の仕様に基づき製造を行っている。製造中に顧客より予期せぬ受注取消が発生した場合、補償交渉により損失を最小限に抑えるよう努めているが、交渉の結果によってはグループの経営成績に重大な影響を与える可能性がある。 (2) 業界動向及び競合等について  グループは、事業を展開する多くの市場において激しい競争にさらされており、かかる競争ゆえにグループにとっては有利な価格決定をすることが困難な状況にある。さらには新規あるいは海外からの参入事業者により市場価格そのものが破壊されてしまう可能性がある。このような激しい競争状態がグループの経営成績に重大な影響を与える可能性がある。 (3) 顧客に対する信用リスクについて  グループの顧客の多くは、代金後払いでグループから製品・サービスを購入している。グループが多額の売上債権を有する顧客が、財務上の問題に直面した場合、グループの経営成績に重大な影響を与える可能性がある。-以下略-

主力サービス

船舶用電機システム46%、発電・産業システム54%