企業名

アオイ電子< 6832 >

本社所在地

〒761-8014 香川県高松市香西南町455-1

会社情報HP

http://www.aoi-electronics.co.jp/

設立

1969年02月01日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

電気機器

同業他社

本多通信工業<6826> 東北パイオニア<6827> ソーテック<6829>

沿革

1969年
アオイ電子株式会社 資本金4,000万円にて設立

2000年
東京証券取引所市場第2部へ上場

事業内容

集積回路事業、機能部品事業、受動部品

事業リスク

(1) 製品について  グループの売上高はIC、モジュール、LED等の集積回路部門が約8割を占めており、その大部分がアセンブリ(組立、測定検査)事業である。アセンブリ事業は顧客との委託加工契約に基づいてグループがIC等の組立、測定検査を行うものであり、大手系列に属さない独立系のアセンブリ工場として、その供給先は約50数社におよんでいるが、顧客の販売状況等によりグループの受注が左右される可能性がある。また、サーマルプリントヘッド、センサー等の機能部品部門の製品の大半は、顧客が販売する搭載機器(最終製品)の企画段階からプロジェクトに参画し、その搭載機器向けにグループが開発・設計したカスタム部品を納入するものであり、顧客の販売状況等によりグループの受注が左右される可能性がある。 (2) 当業界を取り巻く状況  グループの属する電子部品業界は、技術革新による製品の陳腐化が激しいため、製品の世代交代が頻繁に発生する。この時期には需要に対して供給が追いつかず、逆にシェア獲得を目指して大型の設備投資が実行された後には供給過剰に陥る、ということが周期的に繰り返されてきた。このような半導体市況の変動がグループの業績に与える影響は顕著である。 (3) 価格競争および為替の変動  当業界は生産拠点の海外進展および国際間競争の影響による価格競争がるる激しくなっており、今後も販売価格の下落傾向は続くものと思われる。また、グループの売上高に占める輸出比率は5.9%(平成24年3月期)と低いものの、グループ製品が搭載されるセット製品の輸出比率が年々増加していることもあり、海外市況および為替相場の変動がグループの業績および財政状況に影響をおよぼす可能性がある。 (4) 原材料価格の変動  原材料価格の変動は全産業に影響をおよぼしているが、とりわけグループの属する電子部品業界にあっては、金、銀、銅、すず、ニッケル、ルテニウム他、希少金属を含め金属類の価格上昇による影響が顕著である。これらの価格変動が生産コストに影響を与え、その結果グループの業績および財政状況に影響をおよぼす可能性がある。-以下略-

主力サービス

集積回路88%、機能部品9%、受動部品3