企業名

紀陽銀行< 8370 >

本社所在地

〒640-8656 和歌山市本町1−35

会社情報HP

http://www.kiyobank.co.jp/

設立

1895年5月2日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

銀行業

同業他社

京都銀行<8369>南都銀行<8367>

沿革

明治28年5月
貯蓄銀行条例による設立許可(4月)を受け、株式会社紀陽貯蓄 銀行設立。

大正10年1月
和歌山無尽株式会社設立。

大正11年1月
株式会社紀 陽貯蓄銀行、普通銀行に転換し、商号を株式会社紀陽銀行に改称。

平成18年10 月
株式会社紀陽銀行と株式会社和歌山銀行は、存続会社を株式会社紀陽銀行 として合併。

平成25年9月、
的資金を全額返済するとともに、10月1日に は親会社の紀陽ホールディングスを紀陽銀行が吸収合併し、東京証券取引所市 場第一部に上場した。

事業内容

連結子会社6社、持分法非適用非連結子会社1社及び持分法非適用関連会社1 社で構成され、銀行業を中心とした金融サービスに係る事業を行っている。

事業リスク

①地域経済への依存

・地域経済の影響

主要営業基盤は、和歌山県及び大阪府南部地域であり、貸出金・預金ともに中 小企業、個人及び地方公共団体を中心に同地域での比率が高くなっている。主 要営業基盤とする地域の経済動向により、貸出金額、預金量及び与信関係費用 等が変動し、業績に悪影響を及ぼす可能性あり。

・競争の激化

主として注力している中小企業・個人マーケットは、大手金融機関を含め他の 金融機関との競争が激化している。こうしたなかで、地域金融グループとして 、総合的な金融サービスをご提供するための新商品や新サービスの導入、優位 性を保つことを目指しているが、これが奏功しない場合には収益性の低下など を招く可能性あり。

②不良債権問題等

・不良債権の状況

地域経済や地価の動向、融資先企業の経営状況などにより、不良債権残高の増 加や不良債権の劣化があると、与信関係費用が増加する可能性あり。また、実 質処理に際するコスト等が発生することがあり、このため与信関係費用が増加 する場合がある。

貸倒引当金の状況

経済状況の変化や大口取引先の倒産等により、実際に発生する貸倒が見積もり を上回り、貸倒引当金を上回る損失が発生する場合がある。また、担保価値の 下落や予期しない事象により、貸倒引当金の積み増しが必要となる可能性あり 。

主力サービス

①銀行業務

・預金業務、貸出業務
・内国為替業務及び外国為替業務等

②その他

・代行業務・労働者派遣業務
・信用保証業務
・リース業務
・ベンチャーキャピタル業務
・クレジットカード業務
・電子計算機関連業務