企業名

山陰合同銀行< 8381 >

本社所在地

〒690-0062 島根県松江市魚町10

会社情報HP

http://www.gogin.co.jp/www/toppage/0000000000000/APM030 00.html

設立

1941年7月1日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

銀行業

同業他社

島根銀行<7150>鳥取銀行<8383>

沿革

昭和9年12月19日
松栄土地株式会社(現・松江不動産株式会社)を設立〔旧松 江銀行の子会社、現・連結子会社〕。

昭和16年7月1日
株式会社松江銀行と 株式会社米子銀行が合併し、株式会社山隂合同銀行として設立(資本金1,324万 円、本店松江市)。

平成9年10月1日
商号を株式会社山陰合同銀行に変更。

平 成12年4月21日
株式会社みちのく銀行、株式会社肥後銀行及び株式会社日立 製作所と「基幹システムの共同化に関する基本合意書」を締結。島根・鳥取両 県をはじめ、山陽・兵庫地域をカバーする広域な店舗ネットワークで展開。

事業内容

本社及び下記子会社等21社で構成され、銀行業務を中心に、リース業務、信用 保証業務などの金融サービスに係る事業を行っている。

事業リスク

①信用リスク

。本邦の景気の動向、地域経済の動向などのほか、お取引先を取り巻く環境の 変化等によっては、不良債権および与信関係費用は増加する恐れがある。 実際の貸倒れが見積りを上回り、計上している貸倒引当金が不十分となる可能 性あり。

②市場リスク

保有している市場性のある有価証券については、大幅な価格の下落が発生した 場合に減損または評価損が発生し、業績に悪影響を及ぼす可能性あり。また、 主として預金として受入れた資金を貸出金や有価証券で運用しており、資産と 負債に金利または期間のミスマッチが存在しているため、将来の金利変動など によって資金利益が減少する可能性あり。

③流動性リスク

深刻な金融システム不安の発生、あるいは財務内容の大幅な悪化などにより、 資金調達力が著しく低下するような場合には、資金調達費用が大幅に増加する 可能性あり。

主力サービス

①銀行業

・預金業務、貸出業務
・商品有価証券売買業務、有価証券投資業務
・内国為替業務、外国為替業務
・社債受託及び登録業務等

②リース業

③その他

・信用保証業務等