企業名

第三銀行< 8529 >

本社所在地

〒515-8530 三重県松阪市京町510

会社情報HP

http://www.daisanbank.co.jp/

設立

1927年7月24日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

銀行業

同業他社

三重銀行<8374>百五銀行<8368>

沿革

大正元年10月(1912)
熊野共融合資会社創立、本店は三重県南牟婁郡木本町 (現在の熊野市)。

昭和26年(1915)
相互銀行法の施行により株式会社第三相互 銀行に商号変更。

昭和61年(1986)
預金残高1兆円達成。

平成元年(1989)
普 通銀行に転換 行名を株式会社第三銀行に商号変更。

平成元年(1989)
東京証 券取引所、市場第一部に株式上場。

平成18年(2006)
セブン銀行とコンビニ ATM提携を開始。現在、国内216カ所(本支店95、出張所3、無人店舗118)を拠 点としている。

事業内容

本社及び連結子会社6社で構成され、銀行業を中心に、リース業、その他の金 融サービスに係る事業を行っている。

事業リスク

①信用リスク

・不良債権の状況

日本の景気の動向、不動産価格の変動及び融資先の経営状況の変動等によって 、不良債権及び与信関係費用は増加するおそれがあり、その結果、業績及 び財務状態に悪影響を及ぼし、自己資本の減少につながる可能性あり。

・貸倒引当金の状況

実際の貸倒れが貸倒引当金計上時点における前提・見積りを上回り、貸倒引当 金が不十分となるおそれあり。また、経済、景気全般の悪化により設定した前 提・見積りを変更せざるを得なくなり、あるいは担保価値の下落その他の予想 し得ない理由により、貸倒引当金の積み増しをせざるを得なくなるおそれあり 。

②市場関連リスク

リスクとしては、金利、為替レート、株価及び債券相場の変動等があげられる 。例えば、金利が急上昇した場合、保有する国債をはじめとする債券ポートフ ォリオの価値に悪影響を与えるとともに自己資本比率の低下を招くおそれあり 。

③流動性リスク

悪質な風評が発生し短期間に大量の預金が払い出されることにより、手許資金 が不足し取引の決済に支障をきたしたり、あるいは市場環境の急激な変化など により、資産のポートフォリオを迅速かつ適正な価格で保有したり解消するこ とができない場合、予期しない資金調達費用が発生することにより、財務状態 に悪影響を及ぼす可能性あり。

主力サービス

①銀行業

・預金業務、貸出業務
・内国為替業務、外国為替業務

②その他

・計算受託業務
・担保不動産評価業務
・信用保証業務
・クレジットカード業務