企業名

京葉銀行< 8544 >

本社所在地

〒260-0015 千葉市中央区富士見1−11−11

会社情報HP

http://www.keiyobank.co.jp/

設立

1943年3月31日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

銀行業

同業他社

千葉銀行<8331>千葉興業銀行<8337>

沿革

昭和18年3月
千葉市に本店を置く千葉無尽株式会社、館山市に本店を置く大 昭無尽株式会社及び山武郡東金町に本店を置く千葉共栄無尽株式会社の3社が 合併し、千葉合同無尽株式会社を設立。

昭和26年10月
相互銀行の営業免許を 取得、商号を株式会社千葉相互銀行に変更、コミュニケーションネームをα( アルファ)バンクとする。

昭和40年5月
本店新築移転(千葉市富士見1丁目 )。

昭和49年2月
東京証券取引所市場第一部に上場。

平成元年2月
普通銀 行へ転換し、商号を株式会社京葉銀行に変更。

平成27年2月
京葉銀行「千葉 みなと本部」竣工予定。現在、269ヵ所(本支店117ヵ所、出張所2ヵ所、店舗 外キャッシュサービスコーナー150ヵ所)を拠点としている。

事業内容

連結子会社4社で構成され、銀行業務を中心に証券業務、保険窓口販売業務、 信託代理店業務、クレジットカード業務、信用保証・担保評価業務などの金融 サービスに係る事業を行っている。

事業リスク

①信用リスク

不良債権及び与信関係費用は、景気の動向、不動産価格や株価等の変動、貸出 先の経営状況等によって増加するおそれがあり、業績や財務内容に悪影響を与 える可能性あり。引当金計上時点の前提や見積りと乖離することにより、実際 の貸倒損失額が貸倒引当金を上回る可能性あり。また、担保価値の下落その他 の予期せぬ事情により、貸倒引当金を積み増しせざるを得なくなるおそれあり 。

②保有株式の価格変動に係るリスク

保有している市場性のある株式について、株式市場の動向によっては減損また は評価損が発生し、業績に悪影響を与えるとともに自己資本比率の低下を招く 可能性あり。

③保有債券等の価格変動に係るリスク

国債を中心とする各種債券の保有や売買を行っており、これらは、金利、発行 体の信用、債券の需給環境等が変動するリスクに晒されている。予期せぬ市場 変動により業績や財務内容に悪影響を与える可能性あり。

主力サービス

①銀行業

・預金業務、貸出業務
・内国為替業務、外国為替業務等
・有価証券投資業務
・商品有価証券売買業務
・投資信託窓口販売業務
・社債受託業務等
・日本銀行代理店等の代理業務及び貸金庫業務等

②その他

・クレジットカード業務
・信用保証・担保評価業務