企業名

東海東京フィナンシャル・ホールディングス< 8616 >

本社所在地

〒103-0027 東京都中央区日本橋3−6−2 日本橋フロント

会社情報HP

http://www.tokaitokyo-fh.jp/

設立

1987年6月1日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

証券業

同業他社

岡三証券グループ<8609>野村ホールディングス<8604>

沿革

昭和4年6月
株式会社高山商店設立。

昭和22年1月
商号を六鹿証券株式会 社に変更。

昭和36年4月
小山証券株式会社と合併。

昭和44年12月
商号を東 京証券株式会社に変更。

平成12年10月
東海丸万証券株式会社と合併。商号を 東海東京証券株式会社に変更。東海丸万証券株式会社との合併に伴い、株式会 社東海東京調査センター(現・連結子会社)、東海東京証券香港(現・連結子会社 )、宇都宮証券株式会社(現・連結子会社)、東海東京サービス株式会社(現・連結 子会社)、株式会社東海東京投資顧問が関係会社となる。

平成21年4月
融商 品取引業等を東海東京証券分割準備株式会社に会社分割の方法により分割し、 持株会社体制に移行。商号を東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式 会社に変更。

事業内容

子会社21社及び関連会社4社で構成されており、主たる事業として、有価証券 の売買及び売買等の委託の媒介、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募 集及び売出しの取扱い、私募の取扱いその他の金融商品取引業並びに金融商品 取引業に関連又は付随する業務を営んでいる。アジア、ヨーロッパ及びアメリ カの金融・資本市場に拠点を設置し、顧客の資金調達、資金運用の両面におい て、グローバルで幅広いサービスを提供している。

事業リスク

①経済情勢及び市場変動に伴うリスクについて

主たる業務である金融商品取引業は、株価、金利及び為替市況等の変動並びに 景気後退などの国内外の経済情勢の影響を受けやすく、投資需要の減少等によ る手数料収入の減少やトレーディング損益の変動等により、財政状態及び業績 に悪影響を及ぼす可能性あり。また、大量の有価証券を保有しており、市場の 混乱等による急激な市況変動や金利変動等により金融資産の価値が変動した場 合や、通常よりも著しく不利な価格での取引を余儀なくされる場合には、財政 状態及び業績に悪影響を及ぼす可能性あり。

②法的規制に伴うリスクについて

主たる事業である金融商品取引業は、その業務の種類に応じて法令・諸規則の 規制を受けており、国内の金融商品取引業者は、金融商品取引法及び金融商品 取引業等に関する内閣府令により登録規制、顧客勧誘規制、顧客取引規制及び 自己売買規制その他の金融商品取引業者としての行為について規制されている 。抵触した場合には業務停止等の行政処分を受ける可能性あり。また、東海東 京証券株式会社を含む第一種金融商品取引業者は、これらの法令により所定の 自己資本規制比率を維持することが求められており、定められた自己資本規制 比率を下回った場合には業務停止等を命じられる可能性により、財政状態及び 業績に悪影響を及ぼす可能性あり。

③競争状況に伴うリスクについて

主たる事業である金融商品取引業は、近年の大幅な規制の緩和等により、競争 が激化する一方で、取扱商品の多様化が進んできており、このような状況のな かで、将来、より強力な競合先の出現等で従来と変わらぬ競争力を維持できな い場合、財政状態及び業績に悪影響を及ぼす可能性あり。

主力サービス

①個人向けサービス

・ライフサポートサービス
・各種投資商品の提供
・資産運用に関するコンサルティング
・イベント・セミナーの開催

②法人向けサービス

・株式のPO、IPOなど資産運用に関するアドバイス
・M&Aアドバイザリーサービス
・事業承継のアドバイス
・リサーチ情報の提供

③金融商品・トレーディング

・株式、債券等のトレーディング
・各種デリバディブ商品の提供
・各種プロダクツの開発・組成