企業名

損保ジャパン日本興亜ホールディングス< 8630 >

本社所在地

〒160-8338 東京都新宿区西新宿1−26−1

会社情報HP

http://www.sompo- hd.com/

設立

2010年4月1日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

保険業

同業他社

東京海上ホールディングス<8766>MS&ADインシュアランスグループホール ディングス<8725>

沿革

2009年(平成21年)10月
株式会社損害保険ジャパンおよび日本興亜損害保険株 式会社は、株式移転による共同持株会社の設立に関し、株式移転計画書を作成 し、経営統合 に関する契約を締結。12月、株式会社損害保険ジャパンおよび日 本興亜損害保険株式会社の臨時株主総会においてNKSJホールディングス株式 会社設立が承認可決。

2010年(平成22年)4月
東京証券取引所(市場第一部)お よび大阪証券取引所(市場第一部)に上場 。10月、連結子会社である損保ジャ パン・アセットマネジメ ント株式会社および子会社であるゼスト・アセットマ ネジメント株式会社が合併し、損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株 式会社(連結子会社)に商号変更。

事業内容

子会社74社および関連会社17社によって構成されており、損害保険事業、生命 保険事業およびその他の事業を営んでいる。

事業リスク

①日本の経済環境悪化に伴うリスク

主な事業基盤を日本国内に置くとともに、保有する主な運用資産が有価証券、 貸付金等であり、国内株式、国内債券、国内融資および国内不動産等、わが国 経済の変動に対するリスクが相対的に大きい資産ポートフォリオとなっている 。このため、今後わが国の経済環境等が悪化した場合には、業績や財政状態等 に影響を及ぼす可能性があり。

②保険業界を取り巻く環境変化に伴うリスク

損害保険および生命保険を中心とした事業展開を行っているが、自動車保有台 数の減少、少子高齢化等を背景としたマーケット規模の縮小や、規制緩和によ る新規参入会社の出現、業界再編等による顧客、提携先との関係の変化等、わ が国の保険業界を取り巻く環境は大きく変化している。今後、保険業界を取り 巻く環境が更に悪化した場合には、収益力が低下する等、業績や財政状態等に 影響を及ぼす可能性あり。

③予測を超える保険金等の支払リスク

主要事業である保険事業は、売上原価が保険金等の支払いによって事後的に確 定する性質を有しており、そのため、補償(保障)内容および料率を適切に設 定するとともに、将来の保険金等の支払いに備えて、保険契約準備金の積み立 てを行っているが、実際の保険事故の発生率や生命保険等の保険期間が長期に わたる契約の解約率等が当初の予測と乖離した場合には、業績や財政状態等に 影響を及ぼす可能性あり。

主力サービス

①国内損害保険事業

・通信販売のそんぽ24
・ダイレクト販売のセゾン自動車火災

②国内生命保険事業

・医療保険『新・健康のお守り』
・収入保障保険『家族のお守り』