企業名

だいこう証券ビジネス< 8692 >

本社所在地

〒135-0052 東京都江東区潮見2−9−15

会社情報HP

http://www.daiko- sb.co.jp/

設立

1957年5月13日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

証券業

同業他社

岡三証券グループ<8609>東洋証券<8614>

沿革

1957年(昭和32年)5月
大阪市東区(現・大阪市中央区)に、大阪証券取引 所(現・株式会社日本取引所グループ)、大阪証券業協会(現・日本証券業協 会大阪地区協会)、大阪証券金融株式会社(現・日本証券金融株式会社)のほ か各証券会社の出資により、資本金2,000万円をもって、大阪代行株式会社を 設立。10月、大阪証券代行株式会社に商号変更。

1995年(平成7年)1月
株式 会社だいこう証券ビジネスに商号変更。

2006年(平成18年)3月
株式を東京、 大阪の各証券取引所市場第一部に指定。

2014年(平成26年)3月
株式会社野村 総合研究所と資本業務提携契約を締結。4月、株式会社野村総合研究所が親会社 となる。

事業内容

子会社3社およびその他の関係会社1社で構成され、バックオフィス事業、ITサ ービス事業、証券事業、金融事業を営んでいる。

事業リスク

①株式市況の低迷に伴う収益変動リスク

証券会社をはじめとした金融機関からの業務受託を主たる事業としているので 、株式市況の低迷により、顧客の売買高等が減少した場合には、業績が影響を 受ける可能性あり。

②特定の取引先への依存に関するリスク

取引先上位10社に対する営業収益は、全体の約6割を占めており、何らかの事 情によりこれら取引先との取引に急激な変化が生じた場合には、業績に影響を 受ける可能性あり。

③信用リスク

信用取引において顧客証券会社ごとに与信限度額を設定し、購入株式を担保と したうえで更に所定の保証金を受け入れており、営業貸付金は顧客の有価証券 を担保として受け入れている。いずれも契約不履行によってもたらされる信用 リスクに晒されており、市況が急激に変動した場合等、顧客の信用リスクが顕 在化する可能性があり、業績に影響を受ける可能性あり。

主力サービス

①バックオフィス事業

・証券会社等における口座開設
・重要書類等の管理・配送
・証券事務企画、監査支援
・取引報告書等の作成・発送
・人材派遣、給与計算等

②ITサービス事業

・証券関連システムの開発、提供、運用、保守