企業名

東祥< 8920 >

本社所在地

〒446-0056愛知県安城市三河安城町1-16-5

会社情報HP

http://www.to-sho.net/

設立

1979年03月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

サービス業

同業他社

ジャパンケアサービスグループ<7566>スノーピー<7816>

沿革

1979年3月
土木建設工事を目的として、「東和建設株式 会社」を設立。

1999年4月
4社合併し、「株式会社東祥」とする。

2004年2月
日本証券業協会に株式を店頭登録

2004年12月
日本証券業協会への店頭登録を取り消し、シ ャスダック証券取引所に株式を上場

2010年4月
シャスダック証券取引所と大阪証券取引所の 合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 大阪証券取引 所JASDAQ(スタンダード)に上場

2013年3月
東京証券取引所市場第二部に上場

2013年5月
名古屋証券取引所市

事業内容

スポーツクラブ事業・ホテル事業・不動産事業

事業リスク

(1)複数の事業を展開していることについて 複数の事業を展開することによって、事業リスクを分散し 、収益機会を拡げることができると考えており、今後も新 規事業に進出したり、既存事業においても、収益見通し如 何によっては売上高を一時的に縮小したり、事業から撤退 したりする可能性がある。そのため、事業別の売上高構成 や主力事業が変更される可能性があり、事業内容の変更に 伴っての属する業界やの業績に重要な影響を与える可能性 のある外部要因の範囲も変化する可能性がある。 (2)出店戦略について 独自のマーケティングノウハウ、多様な資金調達方法を採 用し、今後も積極的に開発を進めていく予定ではあるが、 出店候補地が確保できない場合、出店に必要な人材が確保 できない場合には、の業績に影響を及ぼす可能性がある。 (3)金利上昇リスクについて スポーツクラブ事業において施設の開発を積極的に行って いる。施設の建設資金につきましては、主に金融機関等か らの借入金により資金調達しており、今後も有形固定資産 の取得に伴い、リース債務を含めた有利子負債は増加して いく可能性がある。借入金を短期(約1年)、中期 (3~6年)、長期(8~10年)と分類しており、プロジ ェクトの収益計画に基づき調達を行っている。長期資金に おいては、金利の固定化等を行っているが、短期及び中期 資金の調達については、金利の上昇によりの業績に影響を 及ぼす可能性がある。 (4)震災発生のリスクについて スポーツクラブ事業、ホテル事業及び不動産事業において 建物等の有形固定資産を所有している。は『施設』及びそ れらに『サービス』を付加し収益を計上しており、大規模 な震災が発生した場合『施設』の倒壊もしくは損傷による 営業中止等の理由によりの業績に影響を及ぼす可能性があ る。 (5)固定資産の減損について 平成17年度より固定資産の減損に係る会計基準を適用して いるが、スポーツクラブ事業、ホテル事業及び不動産事業 において著しく収益及び評価額が低下し、固定資産の減損 処理が必要となった場合、の業績及び財務状況に影響を及 ぼす可能性がある。

主力サービス

スポーツクラブ80%、ホテル10%、不動産10%