企業名

グランディハウス< 8999 >

本社所在地

〒320-0811宇都宮市大通り4-3-18

会社情報HP

http://www.grandy.co.jp/index.html

設立

1991年04月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

不動産業

同業他社

ハウスフリーダム<8996> 日本パーキング<8997> SBIライフリビング<8998>

沿革

1991年(平成3年)4月
新日本開発株式会社設立

1991年(平成3年)4月
新日本開発株式会社設立

2004年(平成16年)1月
グランディハウス株式会社に社 名変更

2005年(平成17年)12月
東京証券取引所市場第二部に株 式上場

2011年(平成23年)12月
東京証券取引所市場第一部に株式 上場

事業内容

不動産販売事業、建築材料販売事業、不動産賃貸事業

事業リスク

(1)不動産販売事業について ①住宅需要 グループの事業は不動産販売事業、建築材料販売事業及び 不動産賃貸事業から構成され、平成24年3月期において、 不動産販売事業が連結売上高の92.0%を占めている。不動 産販売事業は、戸建住宅の分譲販売、注文住宅の販売、住 宅用土地の開発販売、その他外構工事の追加工事等である が、住宅及び住宅用土地の販売は、購入者の購買意欲や需 要動向に左右される傾向にある。また、住宅購入者の購買 意欲や需要動向は、景気・金利・地価動向並びに将来予測 及び住宅税制等の影響を受けやすく、これら諸要因の動向 によってはグループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可 能性がある。 ②営業地域について グループは、北関東エリアを営業基盤としており栃木県の 販売構成比が61.0%(平成24年3月期。以下同じ)と高く なっている。他県については、茨城県(水戸市・牛久市他) が26.3%、群馬県(太田市他)が11.1%、千葉県(柏市他)が 0.5%と、近年は栃木県以外の営業エリアの拡大を進めてい るが、競合関係等、の戦略が計画通りに進捗しない場合に は、グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性が ある。 ③競合について グループは、栃木県内のエリアにおいては比較的競争力が あるものと認識している。しかしながら、グループの土地 の供給体制を揺るがすような新規参入業者が現れた場合に は、グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性が ある。また、首都圏エリアでは同業他社との競合が多く発 生する。の建売住宅等の販売においては、間取り、外観及 び街並み等に拘った付加価値の高い商品とすることに努め ており、低価格を戦略としている住宅メーカーとは一線を 画しているが、今後の競合激化により著しい価格低下が発 生する場合、グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす 可能性がある。 ④用地並びに販売在庫の確保 グループでは不動産販売事業において、土地の仕入(用地 交渉)から行政との折衝、宅地開発、許認可の取得、建設 ・施工、アフターメンテナンスまでを行っている。土地仕 入から建物が完成するまでには、通常8ヶ月程度の期間を 要するため、立地条件に恵まれた土地の仕入が困難になる 場合、土地の仕入価格が高騰する場合など、販売に先立っ て土地の確保や計画通りの用地調達が行えない場合並びに 天災その他予想しない事態による施工期間の遅延等の要因 により販売在庫が確保できない場合には、グループの業績 及び財政状態に影響を及ぼす可能性がある。 0 0

主力サービス

不動産販売92%、建築材料販売7%、不動産賃貸1%