短文投稿 SNS を提供する Twitter は現地時間1月20日、インド・バンガロールに拠点を置くIT企業 ZipDial 社を買収すると発表した。金額などの買収条件の詳細については明らかにされていない。

ZipDial は韓国の LINE のようにアプリを利用した無料通話サービスを提供しており、携帯ユーザーの電話番号を取得して、折り返しの電話やテキストメッセージ(SMS)で情報を発信する「Missed Call」を提供している。

Twitter によればインドでは通信費用を理由にユーザーが積極的にモバイルインターネットを活用できていない状況もあったが、より費用のかからない形での情報提供や、ターゲットマーケティングの実施を目指している。具体的には、SMSやアプリの通知によって、クーポン、広告、商品情報などのプロモーションコンテンツの流通を図っている。

Twitter はかねてから、インドにおける戦略パートナーとして ZipDial と協力して事業を展開おり、今回の買収により両社の連携がより強まることとなる。

インドへの投資に関しては、成長著しい投資先として世界中から注目が集まっている。米 Google が不動産情報サイト CommonFloor へ投資を決定。日本からも、ソフトバンクがインターネット通販大手スナップディールに6.27億ドル(約677億円)、タクシー配車プラットフォーム事業者オラに、既存株主と合わせ2.1億ドル(約227億円)出資することを表明している。

(ZUU Online)

【関連記事】
「Liv−ex指数」から見た2015年高級ワイン市場
ギリシャ総選挙どうなる?EU離脱ならリーマン以上の金融不安
中国最大のイベント「春節」…景気低迷が確認できるいくつかの予兆
年間52,596円の日経新聞が無料!?ネット証券は『情報の宝庫』
外貨両替手数料が1/100??海外旅行者必見の両替節約術とは