企業名

三菱地所< 8802 >

本社所在地

〒100-8133 東京都千代田区大手町1−6−1大手町ビル

会社情報HP

http://www.mec.co.jp/index.html

設立

1937年5月7日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

不動産業

同業他社

三井不動産<8801>住友不動産<8830>

沿革

1890年 3月
三菱社、丸の内陸軍省用地並びに神田三崎町練兵場土地 (353,000m2余)の払下げを受ける。

1937年5月
設立:資本金1,500万円三菱 合資会社より丸ノ内ビル並びに同敷地の所有権及び丸の内地区ほかの土地建物 営業権を譲り受ける。11月、三菱合資会社より同社建築課の業務一切を引き継 ぐ。

1972年2月
三菱地所住宅販売(株)を設立(2007年4月三菱地所リアル エステートサービス(株)に商号変更)。

1988年 1月
横浜・みなとみら い21・25街区開発構想発表。

2000年 4月
機構改革の実施(関係会社 一体の事業本部制導入等)。子会社(株)アクアシティ(2007年7月三菱地所 リテールマネジメント(株)に商号変更)が経営する複合商業ビル「アクアシ ティお台場」を開業。

2003年 2月
三菱信託銀行本店ビル竣工(2005年 10月三菱UFJ信託銀行本店ビルと改称)。

2011年1月
三菱地所レジデンス( 株)発足(会社分割の手法により、三菱地所リアルエステートサービス(株) 及び藤和不動産(株)の住宅分譲事業を統合)

事業内容

所有ビルの賃貸を中心とするビル事業、マンション・建売住宅の販売を中心と する住宅事業、都市開発事業、海外事業、投資マネジメント事業、設計監理事 業、ホテル事業、不動産サービス事業等幅広い事業分野で事業活動を行ってい る。

事業リスク

①不動産市況悪化のリスク

国内外の要因により景気が一段と悪化し、不動産市況が更に悪化する場合には 、業績に悪影響を与えるおそれあり。その場合には、特に東京の賃貸オフィス 市場の空室率及び分譲マンション市場の販売状況に注意を要するものと思われ る。

②各種規制変更のリスク

現時点の規制に従って、また、規制上のリスク(事業を営む国内外の市場にお ける、法律、規則、政策、実務慣行、解釈、財政及びその他の政策の変更の影 響を含む。)を伴って、業務を遂行しており、将来における法律、規則、政策 、実務慣行、解釈、財政及びその他の政策の変更並びにそれらによって発生す る事態が、業務遂行や業績等に悪影響を及ぼす可能性あり。

③金利上昇のリスク

日本銀行は、金融市場の信用収縮や世界的な景気後退への対応策として、量的 ・質的金融緩和を実施しているが、当該政策の変更や、国債増発に伴う需給バ ランスの悪化による金利の上昇等により、業績や財政状態に悪影響が及ぶおそ れあり。

主力サービス

①ビル事業

・ビル賃貸
・ビル運営・管理
・ホテル経営
・駐車場の運営・管理
・地域冷暖房事業

②住宅事業

・マンション、建売住宅等の建設、販売等
・住宅の管理
・住宅建築工事の請負
・ニュータウンの開発
・ゴルフ場の経営等

③ホテル事業

・ホテル(「ロイヤルパークホテル」)を経営

④その他事業

・高齢者向け住宅「ロイヤルライフ奥沢」を経営
・インターネット接続事業