企業名

平和不動産< 8803 >

本社所在地

〒103-8222 東京都中央区日本橋兜町1−10

会社情報HP

http://www.heiwa- net.co.jp/

設立

1947年7月15日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

不動産業

同業他社

東京建物<8804>東京建物不動産販売<3225>

沿革

平和不動産は、1947年日本証券取引所(全国11か所の株式取引所を統合して 1943年に設立された半官半民の営団組織の取引所)が解散されるにあた り、 同所が東京、大阪、名古屋その他に所有する証券取引所等の施設を、新たに設 立される会員組織の証券取引所および証券業者等に賃貸することを目的とし て 、同所が発起人となり、これらの財産を現物出資して設立された。

2009年(平 成21年)
平和不動産アセットマネジメント(株)〔旧 カナル投信(株)〕 を子会社化。

2013年(平成25年)
(株)東京証券会館を子会社化。

事業内容

連結子会社9社で構成されており、賃貸事業、不動産開発事業、住宅開発事業 等を行っている。

事業リスク

①賃貸事業について

賃貸事業部門において証券取引所、オフィス、商業施設、住宅等の開発・賃貸 ・管理・運営を行っており、当該賃貸事業は、地価の動向等のほかに、賃貸オ フィス市場における賃料市況の変化、商業施設における他の商業施設との競合 激化等により賃貸料に影響を受ける可能性あり。また、地震その他の自然災害 、事故やテロその他の人災により所有資産が劣化又は滅失し、業績に影響を及 ぼす可能性あり。

②賃貸用不動産への投資と有利子負債残高の推移について

取得した賃貸用不動産からのキャッシュ・フロー及び資金の調達手段を一層多 様化すること等により有利子負債残高の削減とD/Eレシオの改善を行う方針で あるが、業績は、金利動向等により影響を受ける可能性あり。

③不動産開発事業について

不動産開発事業部門において収益用不動産の開発、資産運用及びマネジメント 等を行っており、当該不動産開発事業は、景気動向や不動産市場における需要 の悪化等により投資の採算性が低下し、業績に影響を与える可能性あり。

主力サービス

①賃貸事業

・証券取引所、オフィス、商業施設、住宅等の開発・賃貸・管理・運営等
・不動産の所有及び賃貸、ホール・会議室及び飲食店の経営等

②不動産開発事業

・収益用不動産の開発、資産運用及びマネジメント事業
・不動産の仲介等
・匿名組合契約方式による不動産を信託財産とする信託受益権の取得、保有及 び管理

③住宅開発事業

・建物設備保守管理及び改修工事請負事業

③その他の事業

・保険代理店業務等
・介護付有料老人ホーム事業