企業名

東京楽天地< 8842 >

本社所在地

〒130-8535 東京都墨田区江東橋4−27−14

会社情報HP

http://www.rakutenchi.co.jp/

設立

1937年2月27日

上場市場

東証1部

決算

1月

業種

不動産業

同業他社

テーオーシー<8841>

沿革

1937年
創立者小林一三翁の「東京下町の大衆に健全な娯楽を提供する」 という方針のもと創業され、映画・舞台を中心に様々な娯楽を提供し、地元・ 地域に密着した事業活動を行ってきた。多様化するニーズを的確に捉え、映画 興行に加え、不動産賃貸、ボウリング、天然温泉サウナ、飲食、ビルメンテナ ンスなどサービス事業の多角化や他業種への参入。

1986年
本拠地「楽天 地ビル」の再開発完了を皮切りに、「第一錦糸ビル」「ダービービル本・分館 」などの建替えを順次実施。

2006年4月
錦糸町駅北口に総合商業施設 オリナスモール内4階に8スクリーン(1,473席)のシネマコンプレックス 「TOHOシネマズ錦糸町」を開業。

事業内容

子会社3社、関連会社1社およびその他の関係会社2社で構成され、その事業 は、不動産賃貸関連事業、娯楽サービス関連事業、飲食その他事業である。

事業リスク

①営業拠点について

墨田区錦糸町地区を中心に営業活動を行っているが、現在、総武線沿線では飲 食店10店舗を営業するなど、他地区での営業展開もはかっている。また、平成 17年11月に新規事業として千葉県市川市で温浴施設「楽天地天然温泉法典の湯 」を開業し、平成21年12月に新規不動産賃貸物件として東京都江戸川区所在の 「西葛西ビル」、平成22年3月に「北新宿ビル」、平成22年12月に「六本木ビ ル」を取得したが、売上高の大半は墨田区錦糸町地区に依存しているのが現状 である。このため、災害や地域経済動向の変化が業績に影響を及ぼす可能性あ り。

②賃貸収入について

売上高の約50%を不動産賃貸関連事業が占め、日本中央競馬会からの賃貸収入 がその約40%となっている。日本中央競馬会の売上高はここ数年減少しており 、また、インターネットや電話による勝馬投票券の売上高が全体の売上高の 50%超となっていることから、日本中央競馬会が場外馬券売場に関する施策を 変更した場合は、業績に影響を及ぼす可能性あり。

③個人消費の動向について

娯楽サービス関連事業、飲食その他事業においては、弱さの見える個人消費の 動向により売上高の減少が懸念され、特に映画興行については、個人消費の動 向に加え、ヒット作の多寡も売上高に影響を及す。また、不動産賃貸関連事業 についても、賃貸先に飲食店、量販店など個人消費の動向の影響を受けやすい 業種が数多くあることから、今後の個人消費の動向によっては、空室リスク、 賃料の下落リスクが高まっていくことが予想され、業績に影響を及ぼす可能性 あり。

主力サービス

①不動産賃貸関連事業

・ビルメンテナンス
・駐車場の経営
・イベント事業
・広告代理業

②娯楽サービス関連事業

・映画館の経営
・温浴施設、フットサル場の経営

③飲食その他事業

・飲食店の経営
・ダービービル売店の経営