転職 2955804

リクルートホールディングス〈6098〉の100%子会社で、中国国内で総合人材サービスを進める RGF HR Agent (上海艾傑飛人力資源有限公司)は1月29日、「中国における日系企業の求人動向レポート2014年12月分」を公表した。

同レポートは中国での日系企業の求人動向を明らかにすることを目的に、社内管理する求人データベースに基づき、12月の求人動向をまとめたもの。

最新の報告書によると、昨年12月の求人数は前年比8%増の728件で、同社の当初の予測より大幅に上回った。理由としては、中国の大きな休日シーズンである旧正月のずれ込みがあると、同社は分析。また、中国では従業員が旧正月前に給付されるボーナスに期待して転職を思いとどまる傾向にあることも、理由の1つに挙げられそうだ。

業種別求人件数では、建築と不動産が前年同月比29%増となり、プラスに転じた。不動産市場の伸び悩みが依然として指摘されているものの、同社は「住宅ローン規制の緩和などにより、業界には少しずつ明るさも出てきている」と期待感を示している。

また、2014年通年の累計求人数は9379件。前年と比べて5%増加した。伸び率では、2013年の5%ととほぼ同水準だ。結果を踏まえ 同社は 、「さまざまなリスクを抱えつつも、日系企業の対中ビジネスは決してしぼんでおらず、むしろ全体としては手堅く拡大している様子がうかがえる」と分析している。

(ZUU online)

【関連記事】
リクルート、海外人材サービス企業対象のベンチャーキャピタルを設立
ギリシャ総選挙どうなる?EU離脱ならリーマン以上の金融不安
年間52,596円の日経新聞が無料?ネット証券は『情報の宝庫』
ポピュリズム台頭のギリシャ、EUからの支援継続は可能か?
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法