電子マネー

電子マネーの使い方をもっとプラスに

すっかり日常生活に欠かせないものとなってしまった電子マネー。一つや二つの電子マネーを利用している人も多いだろう。そして、これまた日常になくてはならない存在のクレジットカード。日々の支払いやショッピングなどに利用しない人は、もはやいないのではないだろうか。

だが、この電子マネーとクレジットカードを別々に利用して、せっかく手に入るはずのお得を逃している人が多いのではないだろうか?どうしたら、さらにお得に両者を利用できるのだろうか見て行こう。

電子マネーとクレジットカードを進化させる方法

nanacoやSuica、waonや楽天Edyなど電子マネーの種類は様々だが、これらの電子マネーとクレジットカードを連携させる方法はどれも同じだ。

【クレジットカードと電子マネーを連携させる方法】
まず、クレジットカードで電子マネーにチャージをし、そのあとで電子マネーで決済をするだけなのだ。クレジットカードでそのまま決済をしてしまうとクレジットカード利用分のポイントしかつかないが、一旦電子マネーにチャージをすることでクレジットカードのポイントが付き、電子マネーで決済をすることで電子マネー利用分のポイントもつくのだ。つまり、電子マネーにチャージをする一手間をかけるだけで、最低でもポイントが2倍に跳ね上がるのだ。こんなに簡単にお得が手に入るのだから、利用しない手はないだろう。

進化させる前に、登録しておこう!

電子マネーとクレジットカードを連携させて進化させる前に、まず電子マネーのサイトでログインして連携させたいクレジットカードの情報を入力して確認しておくならば、いつでも電子マネーが進化した状態で使用できる。初めの一度だけなので、利用する組み合わせを決めたら是非実行しておこう。

さらにお得に、進化させる方法とは?

それぞれの電子マネーにより、組み合わせに最適のクレジットカードがある。この組み合わせを知ることで、よりお得に進化させることが可能になるのだ。電子マネー別のおすすめを見て行こう。

Suicaを進化させる

【高還元率】 Suicaをクレジットカードと連携させて進化させるなら、「ビュー・スイカ」カードがお勧めだ。Suicaカードは決済時のポイント還元率が0%、0.5%、1%と低いのだが、「ビュー・スイカ」カードでチャージする際に1.5%ものポイント還元を得られるので、実質1.5%から2.5%の還元率になるのだ。

【汎用性の高さ】 Suicaは首都圏の交通機関や駅ビル、キオスクなどの駅のコンビニ、ファミリーマートやミニストップなどのビューアルッテや多機能券売機の専用端末でチャージと利用ができる電子マネーだ。Suicaポイントとして得たポイントをチャージ分として利用したり、Tポイントやwaonポイントに交換したりすることも可能だ。

【web明細にするともっとお得に】 「ビュー・スイカ」カードは初年度年会費無料で2年目以降は年会費477円(税抜)であるが、カード発行後にご利用代金明細書をWebに変えると最大600ポイントと年会費を上回るポイントを獲得できる。つまり、年会費分のモトが取れることはもちろん、さらにお得に使えるのである。そして得たポイントをルミネ商品券に交換するなら最大1.92%のポイント還元率も見込める。

【「ビュー・スイカ」カードを詳しく見てみる↓】 Suicaカードのオートチャージ機能と見逃しているSuicaポイントを貯める方法とは?

nanacoを進化させる

nanacoを進化させるなら、「リクルートカード」がおすすめだ。年会費永年無料でポイント還元率が1.2%と非常に高いのが特徴だ。通常、年会費無料のカードはポイント還元率が0.5%出ることが多いので、驚異的な高さと言えるだろう。

また、年会費2,000円のリクルートカードプラスならポイント還元率は一気に2%に跳ね上がる。旅行傷害保険が自動付帯で3000万円までつくので、非常に恩恵の多いカードということができるだろう。

【ポイントの多様な互換性】
リクルートカードでnanacoにチャージするときに、1.2%もしくは2%のリクルートポイントを得ることができるが、このリクルートポイントはGポイントやDCハッピープレゼント、Pexなどとも互換性があるので、同じくそれらのポイントと互換性のあるnanacoポイントと合わせることで、みるみるポイントが貯まっていくのが実感できるだろう。

【決済時にもポイントが貯まる】
nanacoで決済するときにはnanacoポイントは1%還元されるので、実質2.2%から3%のポイント還元を受けることができる最強の組み合わせなのだ。

【セブンイレブンや、公共料金の支払いにもポイントが】
nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドー、デニーズなど非常に多くの場所のnanaco端末でチャージ・利用できる電子マネーだ。しかも、セブンイレブンのレジでは、バーコードが付いた各種公共料金や税金の支払いにもnanacoが利用できる。これらのまとまった金額を「クレジットカードでチャージ+電子マネー支払い」の最強の技を駆使することで、さらに大きなお得へと進化させることができてしまうのだ。

リクルートカード以外でもJCBカードやセゾンカード、UCカードや三井住友カードにも電子マネーnanacoは組み合わせることができるので、既に持っている方は要チェックだ。

>> リクルートカードの申し込みはこちら
(携帯からでも簡単にお申し込み頂けます。)

waonを進化させる

【ポイント還元が豊富】 waonを進化させるなら、間違いなく「イオンカード」との組み合わせが最強と言えるだろう。電子マネーwaonにチャージする際の還元率は0.5%から1%、電子マネー決済時のポイント還元率は0.5%、合計1%から1.5%のポイント還元を受けることができるのだ。

【汎用性の高さ】
waonは最近特に利用できる場所が増えている電子マネーでもある。イオンやジャスコやマックスバリュー、ミニストップなどのイオン系列店、カルフールなどでも利用できる。


【損がない】
専用端末機はwaonステーションだ。また、このイオンカードは年会費永年無料なので、一枚あっても決して損のないカードということができる。

>> イオンカードのお申し込みはこちらから

>> 「ビュー・スイカ」カードのお申し込みはこちら

>> リクルートカードの申し込みはこちら

(携帯からでも簡単にお申し込み頂けます。)

【関連記事】 毎日使うSuicaでお得…ポイントが貯まる「ビュー・スイカ」カードでSuicaをさらに便利に
ワールドカップに向けて日本代表を支援せよ!JAPANカードセゾンとは
クレジットカードの保有率は減少傾向する一方で、電子マネーの保有率は増加傾向
クレジットカード業界を脅かす、電子マネー競争の激化
決済ビジネス各社、顧客の囲い込みに必死…楽天の強引な手とは?