トヨタ

2月27日、トヨタ自動車 <7203> は 新型アルファードならびに新型ヴェルファイアの受注台数について発表した。発表から1カ月にあたる2月25日時点でアルファードを約20,000台、ヴェルファイアを約22,000台受注しており、それぞれの月販目標台数3,000台/月、4,000台/月を大きく上回っている。

パワートレーン別にみると、アルファードにおいては、ガソリン車が約13,500台、ハイブリッド車が約6,500台となっており、ヴェルファイアにおいてはガソリン車が約17,500台、ハイブリッド車が約4,500台となった。

アルファードに搭載された大胆かつアクのある華やかさを演出する大型フロントグリル、ヴェルファイアらしい厳ついフロントビューといった特長を際立たせたデザインに加え、高級セダンに引けを取らない乗り心地や走行安定性に加え、高級車に相応しい静粛性などが受けたようだ。

両車種とも使い勝手を一段と高めたインテリジェントパーキングアシスト2や、パノラミックビューモニターなどの先進装備を搭載、セカンドシートに広くゆったりとした専用シートを採用するなど、乗る人に対して高い満足感を提供できる新グレード「Executive Lounge」を設けている。

(ZUU online)

【関連記事】
中小企業向け銀行貸出残高2.2%増の279兆円4556億円、東京商工リサーチ調べ
大塚家具が中期経営計画を発表、長女久美子氏のもと再出発
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
SIMロック解除は「IoT」競争への号砲 動き出す通信キャリア
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株をa上場前に買う2つの方法