日本でも本格化する“プライベートバンク” の存在 普通の金融機関と何が違うの
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日本でも富裕層の増加にともない、「プライベートバンク」という言葉が聞かれるようになって久しい。まとまった金融資産の運用や相続対策として、新たにプライベートバンクを利用したいものの、いわゆる「マスリテール」と呼ばれる大手銀行や証券会社との違いがよくわからない方も多いのではないだろうか。両者の違いを理解しプライベートバンクを効率的に利用することで、より豊かで実りあるマネー運用を実現していただきたい。

プライベートバンクは、もともとスイスで発祥し、欧米で発展した、資産額が一定以上の富裕層の顧客を対象に、銀行・証券・信託・保険・不動産など、総合的に資産管理や資産運用のサービスを提供する金融機関である。日本では、三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券、UBS銀行、クレディ・スイス銀行などが有名で、2015年1月には、シティバンク銀行のリテール部門が、SMBC信託銀行に譲渡されることが正式に発表となり、日本のプライベートバンク業界の動向はますます激しくなっている。