特集「本を読む。」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 広告特集「M&A/事業承継」 専門家たちの金言 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
貯める(給与・ポイントなど)
PR
PR
Written by ZUU online編集部 67記事

(PR)

カードローン比較ランキング、おすすめの会社はどこか

カードローン LP
(写真=PIXTA/Getty Images)

カードローンは、さまざまな目的で使用できる上に審査時間が短いということで、急にお金が必要となった場合など非常に便利なものだ。
提供する業者も内容も多様となっているカードローン。この中から自分の目的に合うものを見つけ出すには、事前の比較検討が必要となってくる。

ローン名
金融機関名
実質金利(年率) 限度額 審査申込み
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%
~14.6%
500万円 最短30分 btn_moushikomi_red
三井住友銀行カードローン
三井住友銀行
4.0%
~14.5%
最高
800万円
最短30分 btn_moushikomi_red
オリックス銀行カードローン
オリックス銀行
1.7% ~
17.8%
最高
800万円
最短即日 btn_moushikomi_red
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行
14.5% ~
14.5%
500万円 最短即日 btn_moushikomi_red
りそなプレミアムカードローン
りそな銀行
12.475% ~
12.475%
800万円 最短即日 btn_moushikomi_red
みずほ銀行カードローン
エグゼクティブプラン
3.0%~
7.0%※
最高
1,000万円
最短即日 btn_moushikomi_red
カードローン
イオン銀行
3.8% ~
13.8%
800万円 最短即日 btn_moushikomi_red

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%は引き下げ適用後の金利です。

【三菱東京UFJ銀行カードローン】

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは、契約時の年齢が満20歳から満64歳までの安定した収入のある方を対象としたカードローンである。

年利は1.8%から14.6%となっており、最高500万円まで融資が可能となっている。融資可能な金額はおさえられてしまうものの、学生さんはもちろん、ご本人に収入がなく配偶者に収入のあるという方でも利用可能なカードローンでとなっている。※主婦は30万円以内、学生は10万円以内の利用限度額有

申し込む際には来店不要で、インターネットをはじめ、電話やFAX、郵送などさまざまな申し込み方法があり、非常に便利な仕組みとなっている。また、最短で即日の融資が可能で、繰り上げ返済も無料、手数料や年会費等も無料となっており、非常に利用しやすいカードローンであると言えるだろう。

【三井住友銀行カードローン】

三井住友銀行カードローンは、満20歳以上満69歳以下の安定した収入のある人を対象としており、事業性資金以外であれば旅行や買い物、生活費など多様な目的での使用が認められている。正社員のみを対象とした商品ではなく、アルバイトやパートタイム、派遣社員であっても利用可能だ。

最短30分で結果がわかり、年金利は年4.0~14.5%という低金利だ。今日中にお金がいる、という緊急のケースでも対応できる上に、返済の負担も軽めの商品である。

融資額は最高で800万円まで。短期的な利用に特化した商品ではないが、あらゆるシーンに対応できる内容を備え、長期的な利用も考えられる魅力的な商品となっている。

【オリックス銀行カードローン】

オリックス銀行カードローンは、申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の安定した収入のある人を対象としており、融資限度額は最高800万円。利率は年1.7%~17.8%、限度額が高くなるほど金利が低くなる。

申込から借入、返済などすべてインターネットで行うことができ、申込時に必要なのは運転免許証や健康保険証など身分を証明する書類の写し。審査結果は平日であれば申込受付後2~3日程度で判明し、OKの場合は電話で、NGならばメールまたは書面で連絡される。

オリックス銀行に実店舗はないが、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・西日本シティ銀行・セブン銀行・イーネット・ローソン・イオン銀行など全国95,000台以上の提携ATMが利用可能。また、手数料無料で1,000円単位からの入出金が可能だ。口座を開設する必要はなく、過去のオリックス銀行との取引経験の有無が問われることもない。

【楽天銀行スーパーローン】

楽天銀行スーパーローンは、満年齢20歳以上満62歳以下で日本国内に居住する人を対象としている。原則安定した定期収入があることを条件としているが、パートタイムやアルバイト、派遣社員、専業主婦でも利用可能だ。

限度額は、一般は500万円、専業主婦は50万円。利率は年4.9%~14.5%と限度額に応じて変化する。事業性資金以外であれば資金使途は自由なので、旅行やショッピング、生活費にあてるなどさまざまな目的で利用することが考えられる。

楽天銀行の公式サイトで専用の申込フォームを用意しているので、それを利用しよう。申込時に必要なのは、運転免許証などの本人確認資料。手続きは実にシンプルで、すでに楽天IDを持っている場合は3分程度で完了させることができる。結果が判明するまで通常当日から2営業日程度かかり、申込時に入力したメールアドレス宛てに通知される。

入出金はセブン銀行をはじめイオン銀行・イーネット・ローソンなどで可能。コンビニエンスストアのATMであれば、利用手数料は0円。ちなみに入会時に楽天市場で現金と同じようにに利用できる楽天スーパーポイントがプレゼントされるという特典が付いているのが、楽天グループならではの魅力といえよう。

りそなプレミアムカードローン】

 ATMで1,000円から最大800万円までの借入が可能という手軽さが特徴だ。年利は3.5%からの安心設定で、返済計画も非常に立てやすい。りそな銀行に口座がある場合、キャッシュカードでカードローンを利用できる点は非常に便利である。ATMやコンビニでの利用も可能で、24時間利用することができる。

【みずほ銀行カードローン】

最短即日で利用が可能、来店や郵送も不要。みずほ銀行などの金融機関やゆうちょ銀行でも借入ができる。

また、こちらも提携ATMを利用すると時間帯によるが手数料はかからない。ローソンやセブン銀行など提携ATMが設置されるコンビニも多く、ほぼ日本全国での借入と返済が可能だ。

みずほダイレクトの預金通帳を持っていれば、利用限度額が200万円以下の場合、原則として書類提出は不要となる。もしメインバンクとしてみずほ銀行を利用していたり、メインではないが利用しているという人なら、一度問い合わせしてみてもよいかもしれない。

【イオン銀行カードローン】

車の購入や教育プランなど、用途に応じた借入が可能な「ネットフリーローン目的型」に注目したい。10万円から800万円までと借入可能額の幅が広く金利も年3.8%~13.8%と低めの設定。土曜日にも申し込み可能となっている。

何を基準に選べばいいの?カードローン選びのポイントとは

1.金利&無利息期間

カードローンのような金融商品を選ぶ際に、まず注目するのは金利だろう。金利が低く設定されているほど加算される利息は少なくなり、返済の負担を軽くすることができるからだ。ただし、金利の低い商品を見つけて選べばそれでベストというわけではない。仮に金利は高くても、そのデメリットを埋めることのできるサービスが付加されている商品もある。その代表的な例が、決められた期間内に完済すれば利息が発生しない「無利息期間」というサービスだ。

例えば給料日前で少しだけお金が必要というように、短期間かつ少額利用の場合であれば、通常金利が高めに設定されていたとしても無利息期間付きのカードローンが最適といえるだろう。ゼロ金利で利用可能となり、利息がかかるというカードローンのデメリットを解消することができるのだ。

2.審査

また、カードローン選びの際には審査時間も重要なポイントとなる。今日明日にでもお金が必要という場合には、審査に時間がかかるようでは対応できない。このようなケースであれば、「即日融資可能」と明記してあるカードローンを選ぼう。これなら審査を申し込んで通過すればその日のうちにお金を借りることができ、急ぎの予定にも間に合わせることができる。

現在、カードローンの多くはインターネットから審査を申し込むことができる。仕事が遅くまでかかる人や平日に時間がとれない人でも利用できる環境が用意されているのだ。ただし、カードローンすべてがどこでも同じように使えるわけではないということに注意したい。発行された専用カードを用いてATMなどで入出金を行えるのは同じだが、提携するATMはその商品ごとに違うのだ。この中でも全国の金融機関やコンビニエンスストアに設置のATMで利用可能なカードローンを選べば、外出時にお金が足りなくなった時でも頼れる存在となるだろう。

3.ATM手数料

ATM利用手数料もカードローンによって違ってくる。であれば、手数料無料で利用できるカードローンがおすすめなのはいうまでもないだろう。また、ATMのほか保有している銀行口座を利用できる商品もあり、自宅から申込手続をすべて完了させることが可能だ。この場合は口座を保有していることが条件となるため、口座を持っていなければ申込時に新規開設をする必要が出てくる。

4.その他サービス

その他、口座がなくても利用できるカードローンの中には、申込の際に口座を開設することで金利が低くなるというサービスを実施しているものもある。また、各会社独自のサービスなどもあるので、そういった点にも注目してみるといいだろう。このように、いろいろなポイントを見比べることは最適なカードローンを見つけ出すことにもつながる。

【関連記事】
利用者数急増中、利便性に優れたカードローンとは
カードローンの審査内容とは、申し込み前に知っておこう
知らないと損する?カードローン返済方法の仕組みとは
実際にいくらの金額を抑えられるの?カードローン一括返済のメリットとは
おすすめカードローンその見分け方とは

カードローン比較ランキング、おすすめの会社はどこか
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 確定申告間近『ふるさと納税』のいまさら聞けない手続き方法
NEXT 『平成27年度税制改正大綱』決定!法人減税、NISA拡充、ふる...