セブン&アイホールディングス

(写真=Getty Images)

セブン&アイ・ホールディングス <3382> は4月2日の大引け後、2015年2月期の決算を発表した。15年2月期の連結決算は営業利益が1%増の3433億円。16年2月期の連結営業利益は前期比9%増の3730億円になる見通しで、過去最高の更新となった。

15年2月期の連結経常利益は前の期比0.7%増の3414億円、営業収益が前の期比7%増の6兆389億円、純利益は2%減の1729億円だった。年間配当は5円増の73円。

主力のコンビニエンスストア事業で、店舗で淹れたてのコーヒーを提供する「セブンカフェ」が好調。既存店の売上を伸ばしたほか、加盟店舗も増えたことで増収となった。

16年2月期の連結経常利益は前期比7.8%増の3680億円と伸びを見込む。また、年間配当は前期比4円増の77円に増配を見込んでいる。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
収益ワンルームマンションの購入は都内に投資妙味あり?
抜群の先見性を持つ業界のリーダー「セブン&アイ」 今後の課題は?
日経新聞も?過去1年分の新聞記事が全て閲覧可!ネット証券、最新情報サービスが凄い
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法