留学

今回の記事のテーマは、「留学の最適な時期とは」です。留学といえば、以前は大学生や高校生が行くものでしたが、グローバル化が進む今、小学生時代、中学生時代といった低年齢化が進んでいます。日本の英語教育への限界や国際社会に早いうちに適応させたいと考える親御さんのニーズが高まっています。

海外の学校に留学し、卒業を目指す正規留学の場合、何歳くらいで留学するのが最適なのでしょうか。小学生、中学生、高校生での正規留学について、考えていきます。

【参考】

海外移住とは別の選択肢、シニア世代の海外留学とは?
海外留学の新しいカタチ「親子留学」とは?検討する上で知っておきたいこと
リベラルアーツ〜世界の大物達の教養とはどのようなものなのか?〜
国際感覚は日本で磨け!?〜真のグローバル人材を育てるための富裕層子女が集まる教育現場〜


◉小学生の留学


小学生が、単身留学をすることができる国は限られており、スイスとイギリスが挙げられます。スイスとイギリスの寄宿学校であるボーディングスクールでは、小学生から受け入れているところもあり、学生ビザが発給されます。
イギリスでは、中学校の入学年齢が11歳か13歳であり、13歳からの学校であっても、名門校は10歳のときに出願が締め切られることもあります。受験の準備期間を踏まえても、イギリスに中学生で留学するためには、小学生時代から留学していた方が有利です。

親子留学をする場合には、ニュージーランド、オーストラリアは、子供の学生ビザと保護者用のガーディアンビザが発給されますので、ビザの面で行きやすい国です。マレーシアにも、保護者用のビザがあり、カナダは、保護者は観光ビザで滞在できます。
小学生の留学では、ネイティブの発音を身につけやすいというメリットがあります。小学生の留学で問題となるのは、日本語の習得と日本人としてのアイデンティティの確立です。特に、低学年での単身留学の場合には、冬休み、夏休みに日本で家族と過ごし、日本語の習得を行うことが大切です。

小学生の留学であれば、途中で日本に帰国する場合、公立校に戻ることができます。また、中学受験では、留学生でも学校ごとの要件に該当すれば、帰国子女枠で受験することができます。
小学生での留学後に英語力を維持するためには、中学校も留学を続けるか、日本国内ではインターナショナルスクールに通うなど、英語での生活に身を置く必要があります。