投資信託,おすすめ,ランキング,初心者

株や為替に詳しくても、「投資信託」にはなんとなく手を出せていないという個人投資家も少なくないのではないだろうか。だが実は、投資信託は金融商品の中でも、少額ではじめられる上に、専門家の意見を取り入れた投資もできるものなのだ。ここでは投資信託の魅力とおすすめの投資方法についてご紹介したい。

目次

  1. 投資信託とは?
    1. 投資信託とは何か?
    2. 投資信託の仕組み
    3. 投資信託での「基準価額」と「分配金」
  2. 初心者にもおすすめ!投資信託の魅力
    1. 少額からの投資が可能
    2. 専門家による分散型投資
    3. 価格の変動が分かる
  3. さらに手軽な「投信積立」
    1. 投信積立とは何か?
    2. 月1000円を10年、年利7%で運用すれば17万円に!?
  4. 投資信託のリスク
  5. リスクを回避するための対策
  6. 投資信託の種類
    1. 投資信託の購入時期による分類
    2. 投資対象の所在する場所による分類
    3. 投資対象の種類による分類
    4. 独立した区分による分類
  7. 初心者/中級者/上級者 レベルにあった投資信託は?
    1. 初心者におすすめの投資信託
    2. 中級者におすすめの投資信託
    3. 上級者におすすめの投資信託
    4. 投資信託を選ぶ際の注意点
  8. 最適な投資信託を探す方法
  9. タイプ別おすすめの投資信託
    1. 債券型投資信託
    2. バランス型投資信託
    3. REIT型ファンド
    4. 株式ファンド
  10. NISAなら投信」と言われる理由
  11. 投資信託に適した証券会社
    1. SBI証券
    2. 楽天証券
    3. カブドットコム証券
    4. マネックス証券
  12. 実際に株式投資を始めてみる

投資信託とは?

まずは、投資信託の仕組みと、実際に収益を得る方法を見ていこう。

投資信託とは何か?

投資信託とは、プロが投資家から集めた資金を元に、国内外の株式や債券などの金融商品に投資を行って収益を得る方法である。個人単位の投資とは異なり、多くの投資家の資金を合わせて投資を行うため大きな取引ができること、特定の金融商品に絞らず資金をいくつかに分散させて投資する商品があるためリスク分散が手軽にできることが特徴だ。

投資信託の仕組み

投資信託は専門の「投資信託運用会社」によって作られ、証券会社や銀行などの「販売会社」を通して一般の投資家に販売される。投資資金の管理と運用、投資家への販売をすべて投資信託運用会社が代行することで、投資信託運用会社と投資家双方が利益を得られる仕組みになっている。

投資信託での「基準価額」と「分配金」

投資信託商品が販売される1口当たりの価格を「基準価額」といい、投資信託を構成する株式や債券などの時価評価をもとに算出され1日に1つの価格がつく。株式のように、毎分刻々と値動きがあるものではない。

また投資信託により収益が出た際に、投資口数により分配する収益を「分配金」という。この分配金の支払い方式は、商品によって年に一度、月ごとなどさまざまである。

初心者にもおすすめ!投資信託の魅力

それでは投資信託の魅力と、投資信託が初心者にもおすすめの理由を見てみよう。

少額からの投資が可能

投資家から集めた資金で大きな投資を行うため、個人としては1万円程度の少額からできることが魅力である。できるだけリスクを避けたい初心者でも、1万円なら気軽にはじめようと思えるのではないだろうか。

専門家による分散型投資

株や為替で利益を得たいなら、常にアンテナを張り巡らせて最適な時期を捉えることが必要となる。かといって忙しいビジネスマンや家事に追われる主婦など投資を専門に行っているわけではない個人にとっては、常に株や為替をずっと見ているというのはまず無理というものだろう。

その点、投資信託であれば、ファンドマネージャーが豊富な経験をもとに資金を運用してくれるため、初心者でも安心して任せられる。また投資信託の中には、いくつかの金融商品に資金を分散させて投資するタイプがあり、少額かつ低リスクの分散型投資を行えるというメリットもある。

価格の変動が分かる

投資信託の価格の変動は、原則として毎日「基準価額」として公表されるため、投資した商品価値の変動を知ることができる。

さらに手軽な「投信積立」

1万円程度から分散型投資ができるこの投資信託を、さらに手軽にしたのが「投信積立」だ。この仕組みと、投信積立で利益を得るための具体例を見ていこう。

投信積立とは何か?

投信積立とは、月々決まった額で投資信託を積み立てていく方法であり、証券会社によっては500円、1000円といった額から行うことができる。少ない負担で大きな資産を形成できる点がメリットとして挙げられる。

投信積立のもう一つのメリットは、毎月一定金額で買付けができることだ。株価は常に変動するものであり、個人で買付けた場合、高値を掴んでしまうリスクもある。しかし投信積立であれば、毎月一定額分の投資信託を購入する形をとるため、基準価額が上がっている時には少ない口数を、値下がりしている時には多い口数を買付することができる。このような購入方法を「ドル・コスト平均法」と呼び、高値づかみのリスクを避け、平均買付価格を低く抑えることができる。

月1000円を10年、年利7%で運用すれば17万円に!?

投資信託,初心者,投資信託とは
( 楽天証券の積立かんたんシュミレーション)

例えば年利7%として、1ヶ月に1000円を投信積立で運用した場合、10年間で17万円の計算になる。これほどの投資成績が出せるのであれば、ランチ一回程度の金額を毎月投資信託で積立するのも悪くないのではないだろうか。

さらに、1ヶ月に1万円、年利7%の投資信託を運用すると仮定すれば、20年間で520万円強。この低金利時代、普通に月に1万円を20年間預金したとしても、元金の240万円からそこまで多く増えることは見込めないが、これなら2倍以上に増やすことも期待できることになるのだ。

FXに比べると比較的リスクが低いと言われているが、手放しで投資信託を買えば良いということでなく、投資先としての投資信託の実績を調べ、選ぶことが大事である。

投資信託のリスク

投資信託は価格が毎日変動する金融商品であり、価格は当然上昇することもあれば、業績不振により下落することもある。また、外国の金融商品に投資する場合、清算の時点で購入したときよりも円高であれば、投資そのもので利益が出ても実際に受け取る額が低くなる可能性も出てくる。そのほか国際情勢や景気など、さまざまな要因に影響を受けやすいというリスクは忘れてはならない。

リスクを回避するための対策

考えられるリスクを最小限にするためには、投資する商品を分散させるのがもっとも有効な対策法となる。投資対象だけでなく、時間の分散をすることでもリスクが分散に繋がるだろう。

また投資信託の商品は長期に保有することで、景気や為替の一時的な変動の影響から免れることができる。リスクをきちんと理解し、対策をしっかりと立てていれば、投資信託は資産を形成するための有効化資金運用方法となるだろう。

投資信託の種類

投資信託の主な種類と選び方については以下の通りだ。

投資信託の購入時期による分類

まず、購入する時期により、募集期間内でのみ購入できる「単位型」と、運用が行われている期間中ならいつでも購入できる「追加型」に分けられる。投資したい時期に合わせて購入するなら「追加型」が最適であるし、投資信託の銘柄に焦点を合わせて購入するなら「単位型」を選択することが望ましい。

投資対象の所在する場所による分類

投資対象の所在する場所によって分類することもできる。この場合は、国内の金融商品などに投資する「国内型」と海外の金融商品などに投資する「海外型」、そして国内と海外いくつかの対象に分散させて投資する「国内外型」の3つに分けることができる。

投資対象の種類による分類

投資対象の種類による分類もできる。投資信託は複数の金融商品や不動産などに分散させて投資するものだが、主となる投資先が「株式」の場合と、「債券」の場合、不動産や不動産投資法人に投資する「不動産(REIT)」、そしてこれらをバランスよく組み合わせた「資産複合(バランス)」などに分けられる。

独立した区分による分類

投資対象の金融商品などの決算が日変動で行われる「MMF」は、投資先の資産が公社債や短期の金融商品に制限され、元本は保障されないものの比較的リスクの低い投資信託である。

一方、MMFと同じく投資先の資産が制限され元本が保障されない「MRF」は、証券総合口座に一度資産を保管するためにも利用されるもので、投資信託の中ではもっともリスクが低いといわれている。

さらに株式と同様に証券取引所に上場しており日々価格が変動する「ETF」のほかにも、各種指標に連動する「インデックス型」、上記に分類できない特殊な方法をとる投資信託である「特殊型」などに分類することができる。

初心者/中級者/上級者 レベルにあった投資信託は?

初心者におすすめの投資信託

投資信託初心者や、金融商品による投資をはじめて行う人におすすめできるならば、やはりローリスク・ローリターンの安定したタイプだろう。このタイプの商品の中でも「債券型投資信託」は価格の変動が少なく、安定性を求める投資家に最適といえる。国内の債権型投資信託は安定性があり、もう少しだけ冒険してみたいという人には「新興国債券型」や「先進国債券型」などの海外の債券型投資信託もいいだろう。

中級者におすすめの投資信託

すでに投資信託を運用している、または投資信託は未経験でも株式や債券などの投資は行ったことがあるという人には、リスクもある程度負う代わりに、相応のリターンも見込める「バランス型」「REIT型」がおすすめだ。

バランス型ファンドは株式や債券などに分散投資を行うため、分散の割合によっては、リスクがある程度上下するが、大きな変動がある商品を含む場合には思わぬ利益を生む可能性もある。

またREIT型ファンドは国内外の不動産に投資するもので、景気や為替の動きにも大きく影響を受けるため、リスクは避けられないが、その分の利益も期待できるものだ。

上級者におすすめの投資信託

投資信託などの金融商品について何度も経験済みという投資家なら、ハイリスク・ハイリターンの「株式ファンド」に挑戦してみるのはどうだろう。株価に大きく左右される以上、リスクは避けられないが、特定銘柄にすべて投資するわけではないため株式投資よりはリスクは若干だが低くなる。

「株式ファンド」はリスクがある分の利益が見込めるのが最大の魅力ともいえるだろう。

投資信託を選ぶ際の注意点

投資信託の魅力は、さまざまな商品に分散させて投資することでリスクを最低限にする点にある。リスクは低いものだが、投資商品である以上、購入・保有に手数料が必要なことを忘れてはならない。

差し引かれる手数料には「販売手数料」「信託財産留保額」「信託報酬」などがある。「販売手数料」は購入時に販売会社に支払う費用、「信託財産留保額」は投資信託を換金する際に直接支払う費用、「信託報酬」は信託財産から間接的に支払う報酬を指す。そのほかには「監査報酬」「売買委託手数料」などもある。

商品によっては、販売手数料や信託財産留保額がかからないものもある。これら手数料はすべて目論見書で参照できるので、事前によく確認しておこう。

投資信託の手数料は、店舗型の証券会社よりネット証券が圧倒的に安くなっている。利益を最大限にしたいならネット証券を選ぶのが賢明だろう。

最適な投資信託を探す方法

例えば「 マネックス証券 」では、簡単な質問に答えるだけで、最適の投資信託を探してくれる「自分に合ったファンドを探す」というサービスがある。

投資信託,初心者,投資信託とは

また「 SBI証券 」では、投資信託の商品をカテゴリに分類した中から、投資スタイルに合ったものを検索できる「Fサーチ」を提供している。その検索条件は幅広く、地域・資産(株式、債券、REIT、バランス)・分配回数・運用会社・買付手数料・信託報酬・信託財産留保額・分配金・リターン・キーワード(環境、ITなど)から探すことが可能だ。

投資信託,初心者,投資信託とは

これら証券会社の提供するサービスを活用し、自分のぴったりの投資信託のスタイルを探してみてはいかがだろうか。

>> SBI証券の口座開設はこちら

>> マネックス証券の口座開設はこちら

タイプ別おすすめの投資信託

上記では証券会社の検索機能を利用した投資信託の選び方を見てきたが、ここからは投資信託のタイプ別に、おすすめの商品を紹介していきたい。

債券型投資信託

値動きの幅が小さくリスクの低い「債券型投資信託」の中では、「MHAM物価連動型国債ファンド」が物価に連動して値動きするため、もっとも利益が望めるといわれている。安定性を望みつつ利益もしっかりと確保したいなら、確認しておきたい商品のひとつだろう。

また、シティグループの運営という安定感もある「外国債券インデックスe」も、人気となっている。

バランス型投資信託

リスクを分散させる「バランス型投資信託」の中では、「世界経済インデックスファンド」がリスク分散の面で専門家からも評価が高い。また、バランス型投資信託の中では比較的リスクが高いものの、積極的な投資による利益が多く見込めることで人気が高い「eMAXISバランス(波乗り型)」も見ておきたい。

REIT型ファンド

リスクは高めである。REIT型ファンドの中でも「eMAXIS国内リートインデックス」と「SMT J-REITインデックス・オープン」は、国内の不動産に投資するという安定感と高リターンから多くの支持を集めている。

株式ファンド

ハイリスク・ハイリターンである「株式ファンド」の中では、「ハイブリッド・セレクション」が管理費の安さからもおすすめできるものだ。また「ひふみプラス」も銘柄のバランスがよくリスクがうまく分散されている商品として評価が高い。

NISAなら投信」と言われる理由

株式投資と同様、投資信託にも税金がかかる。手数料だけでなく、税金もできれば低く抑えたいものだ。

そこで注目したいのが、120万円までの非課税枠を利用して投資をする「NISA」。ただし、120万円の枠を無駄なく利用して投資を行うのが難しいという欠点がある。だが投資信託なら1万円、投信積立なら1000円と切りのいい数字で利用することができるため、NISAの非課税枠を活かしきることが可能となる。

NISAの非課税という点を積極的に活用し、効率よく投資を行いたいなら、投資信託がおすすめといわれる所以はここにある。投資信託をはじめるならNISAを賢く利用していこう。

投資信託に適した証券会社

先ほども触れたが、投資信託をはじめるなら、店舗型証券よりネット証券会社手数料の方が安いことが多い。例えば100万円以上の投資信託を買う場合、数万円単位で手数料が違ってくることもあるからだ。

ネット証券の中でも、手数料や銘柄数などから見て投資信託におすすめの証券会社を挙げていこう。

(2016年12月時点) 投資信託 ノーロード 積立投資最低額
SBI証券 2371本 1056本 500円
楽天証券 2288本 1079本 1000円
カブドットコム証券 1017本 566本 500円
マネックス証券 955本 374本 1000円

SBI証券

国内株式やREIT、ETFの売買手数料が無料の「 SBI証券 」。投資信託の買付手数料無料のノーロード投資信託は1056本、投資信託本数も2371本と、豊富な取扱銘柄数を誇る。さらに500円からの積立投信も用意している点からも、まず口座開設しておきたい証券会社といえる。

楽天証券

楽天証券 」も国内株式、REIT、ETFの売買手数料は無料であり、NISAで投資信託をはじめるならおすすめの証券会社だ。投資信託2288本以上、ノーロード投資信託も1079本以上と、SBIにつぐ豊富な取扱銘柄数がうれしい。

カブドットコム証券

ノーロード投資信託が半数以上を占める「 カブドットコム証券 」。こちらも500円からの積立投信が用意されており、初心者もはじめやすい証券会社といえる。

分散投資でリスクを抑え、さまざまなリスクとリターンに対応できる投資信託。積立型などを利用すれば手軽に投資をはじめられることも魅力として大きい。まずは証券会社に口座を開設し、投資するのによさそうなファンドをピックアップして、目論見書を読んだり情報を収集したりと、身構えずにチャレンジしてみよう。

マネックス証券

マネックス証券 」はプロに質問するような感覚で銘柄を選べるだけでなく、投資初心者へのサポートにも定評があり、安心して投資をはじめることができるだろう。手数料無料のノーロード投資信託をはじめ、他の銘柄数も豊富なマネックス証券は、初心者のみならず投資信託を行うすべての投資家にもおすすめしたい。

実際に株式投資を始めてみる

株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

■口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位
>> SBI証券の口座開設はこちら

■口座開設数2位、外国株や投資信託に強く、マーケットスピードも使える
>> 楽天証券の口座開設はこちら

■米国株の取扱に強く、IPO取扱数2位、ミニ株も取引できる、手数料も安い
>> マネックス証券の口座開設はこちら

■三菱UFJフィナンシャル・グループで安心、ミニ株も取引できる
>> カブドットコム証券の口座開設はこちら

■業界最安水準の手数料が売り
>> ライブスター証券の口座開設はこちら

■どの約定金額でも手数料最安レベル
>> GMOクリック証券の口座開設はこちら

■IPO当選確率を上げるならおすすめ、ツールも魅力的
>> 岡三オンライン証券の口座開設はこちら

■少額取引の手数料が0円
>> 松井証券の口座開設はこちら

【編集部のオススメ記事】

【あわせて読みたい 「投資信託」記事】