企業物価指数
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日銀は4月13日、3月の企業物価指数を発表した。国内企業物価指数(2010年平均=100)は103.5で、前月比0.3%上昇、前年同月比で0.7%の上昇だった。昨年の消費税増税の影響を除くと、対前年比2.1%下落で、5カ月連続で下回った。

消費税を除いた数値では、下落幅が2月の2.4%から縮小した。対前月比では、0.3%上昇で、8カ月ぶりに上昇となった。主な要因はガソリンや電力価格、銅地金の上昇など。一方、豚肉や杉丸太などはマイナスの要因となった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
なぜ「ハイ・イールド債」は景気回復局面でキャピタルを狙えるのか?
施設保有から施設運営へ、賃貸事業成功のカギはシェアハウスにあり?
日経新聞も?過去1年分の新聞記事が全て閲覧可!ネット証券、最新情報サービスが凄い
JT、3月のたばこ販売数量が前年に比べて約3割減少、消費税増税の反動か?
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?