エクスペリア
(写真=プレスリリースより)

ソニー <6758> は4月20日、スマートフォンの新機種「Xperia Z4 」を発表した。フロントカメラに焦点距離の短い広角レンズを採用するなど最先端技術を搭載してカメラ機能の向上させた。今夏以降に国内市場で導入する。

本体は厚さ約6.9ミリ、重さ約144グラム。前機種に比べて0.4ミリ薄く、8グラム軽くし、薄型化と軽量化を図った。約5.2インチのディスプレイを搭載する。色はホワイト、ブラック、カッパー、アクアグリーンの4色を予定する。

ソーシャルネットワーキングサービスの普及に対応して、自分撮りやビデオ通話に便利なフロントカメラの機能を強化。広角レンズを採用することで至近距離からでもグループ写真などを撮りやすくした。メインカメラでも、撮影時に自動で設定調整する「プレミアムオート機能」に「料理モード」を加えた。

オーディオ面では前機種に続いて「ハイレゾリューション・オーディオ」に対応。既存の技術に比べて最大約3倍の情報量で、高音質なワイヤレス音楽再生を実現する音声圧縮技術「LDAC」に新たに対応した。

バッテリーの容量は2930mAhで、連続通話時間(3G)は約17時間。防水性能と防塵性能も備える。先行展示は4月22日から東京・銀座のソニーショールームで行う。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
スマートロックで立ち上がるICTの新ビジネス
米住宅着工、一時回復もFRB利上げで減速か
今年はゆうちょやLINEの株も購入可能?直近2年で勝率82%以上の「IPO株」とは
【週間株式展望】日・米主要企業の決算発表を前に様子見ムードが想定
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?