貿易
(写真=Thinkstock/Getty Images)

財務省が4月22日に発表した3月の貿易統計速報で、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支が2293億円の黒字となり、2年9ヶ月ぶりの貿易黒字となった。

前年同月は1兆4501億円の赤字だった。自動車などで輸出が伸びた一方で、原油安などで輸入が減少したことで黒字に転じた。

輸出額は自動車や半導体電子部品が増加し、対前年同月比で8.5%増の6兆9274億円(7ヶ月連続の増加)だった。輸入は石油製品などの減少で同比14.5%減の6兆6981億円だった。

地域別では、輸出で米国向けが前年比21.3%増、EUが9.1%増などだった。中国向けは3.9%増だった。

また、2014年度の貿易収支は9兆1343億円の赤字で、13年度の13兆7563億円の赤字から赤字幅が縮小した。年度ベースの赤字は4年連続。輸出額は13年度比5.4%増の74兆6709億円、輸入額は1.0%減の83兆8051億円だった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
北陸新幹線開業で垣間見える地方創生のポイント
注目の水素ステーション&燃料電池関連銘柄10選!
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
テンバガー(10倍)を徹底分析!2015年押さえておきたいキーワード
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法