企業サービス
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日本銀行は4月24日、2015年3月の企業向けサービス価格指数(速報)を公表した。総平均は前年比で3.2%上昇した。昨年4月の消費増税の影響を除くと、前年比0.5%の上昇で、同年2月(同0.6%)に比べて伸びは縮小した。

企業向けサービス価格指数は、広告や通信、運輸など企業間で取引するサービス価格の変動を示す。

品目別では、消費税率の影響を除いた数値で、新聞広告で前年比4.8%下落、テレビ広告が前年比1.4%下落するなど前月に続き広告で下落した。宿泊サービスや労働者派遣サービス、国内航空旅客輸送ではプラス幅が縮小、ソフトフェア開発など情報通信も前年比0.3%下落した。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ホンダジェットが日本初飛行、創業者の夢を「自信作」へ
三菱重工と三菱日立パワーが金沢地区の事業を移管、集約化で競争力強化狙う
今年はゆうちょやLINEの株も購入可能?直近2年で勝率82%以上の「IPO株」とは
トヨタ、国内生産4年ぶりに前年実績下回る 海外生産は過去最高、14年度
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?