Apple Cuts Component Orders For iPhone5 As Demand Weakens
(写真=Thinkstock/Getty Images)

米アップルは4月27日、第2四半期決算(1~3月期)決算を発表した。売上高は前年同期比27%増の580億ドル、純利益は33%増の135億ドルだった。スマートフォン「iPhone」などの販売が好調だった。

iPhoneの販売台数は6117万台で前年同期の4372万台から40%増加した。パソコン「Mac」は456万台で前年同期の414万台から10%増加したものの、タブレット端末「iPad」は前年比23%減の1262万台だった。

市場別では中国市場が好調で、売上高が前年同期の98億ドルから168億ドルに増えた。iPhoneの売上高が70%以上増えたという。

第3四半期(4〜6月)の見通しについては、売上高で460〜480億ドル、粗利益率で38.5〜39.5%を予想している。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
予約開始のアップルウォッチ、予想以上の受注で供給不足状態に
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
今年はゆうちょやLINEの株も購入可能?直近2年で勝率82%以上の「IPO株」とは
日本国債1段階格下げ「シングルA」に、欧州系フィッチ
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?