昨日の休日もゴールデンウィークらしい天気でしたが、朝の電車はあまりゴールデンウィークと言う感じでもなくまったく普段と変わりない感じです。本日の日本市場は海外市場(CME)で日経平均先物が大きく売られていたことで売り先行となりそうです。日銀の金融政策決定会合の結果待ちということで最初は売り難さも見られそうです。

追加緩和がないとなった場合に一気に手仕舞い売り、見切り売りに押される可能性もあり、いずれにしても波乱含みの一日となりそうです。あえてここでお化粧買いを入れるということもなさそうですが、ここで急落となると20,000円が当面の高値と言うことになりそうで、追加緩和がなかった場合には日銀や年金の買いも期待できそうです。

為替は対ユーロで円安となったのですが、米国株が冴えない展開となったことなどからシカゴ市場(CME)で日経平均先物が大きく下落、本日の日本市場も売り先行となりそうです。日銀の金融政策決定会合の結果待ちということになるので、下げ渋りとなるのでしょうが、追加緩和がなかった場合に一気に手仕舞い売りに押される可能性もありそうです。その場合には日銀や年金の買いでどこまで支えられるかということになりそうです。小型銘柄は連休の谷間と言うこともあり、手仕舞い売りに押されるものが多くなりそうです。

20,000円の攻防も日銀次第ということになりそうです。米国市場の雰囲気などを見ると、追加緩和がない場合には日経平均は上値が20,000円と言うことになりそうです。いったん下値を試す動きになるのでしょうが、19,500円~600円水準で下げ止まるのかどうかということになりそうです。追加緩和があった場合には下値が20,000円と言うことになるのでしょう。


本日の投資戦略

日本市場が休場となっていた間の米国市場は結局はほとんど変わらずということですが、乱高下となったこともあり、日経平均先物は海外市場で大きく売られました。日銀金融政策決定会合があるので、どこまで売り切れるかという感じですが、追加緩和がなかった場合には一気に手仕舞い売りが嵩むということも考えられそうです。

ゴールデンウィークの谷間の月末と言う何ともやり難い感じです。加えて日銀金融政策決定会合で追加緩和が期待されるということでもあり、結果次第で大きく上にも下にも動きそうです。さらに日銀や年金資金の買いも入りそうで、大きく動いた方について行くということになりそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。メルマガ購読は こちら

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【関連記事】
テンバガー(10倍)を徹底分析!2015年押さえておきたいキーワード
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
まだまだ知らない人も多い「マイナンバー制度」 関連銘柄厳選4社
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法