ギリシャ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

米格付け大手のムーディーズ・インベスターズ・サービスは4月29日、ギリシャ国債の格付けを「Caa1」から「Caa2」に1段階引き下げた。見通しは「ネガティブ(弱含み)」。 同社は今年2月6月時点で引き下げる方向で見直すと公表していた。

ムーディーズはギリシャ政府が欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)などで構成する国債再建団との合意が不確実であると指摘。合意に達した場合でも引き続きギリシャ経済が深刻な状況にあることなどを理由に上げている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
国債とは?ー超ローリスクかつ高金利!?個人向け国債に最低1万円から投資する
11月28日まで募集中…安全な金融商品「個人向け国債」の魅力とは
個人向け国債の利用価値〜不確実性下で際立つその特徴とは?〜
タンス預金や普通預金じゃもったいない 初心者でも低リスクで始められる金融商品ランキング
個人向け社債は1万円から!?ー預金にかわるローリスク資産運用の始め方