ソニー
(写真=Thinkstock/Getty Images)

5月11日、ソニーマーケティングは、2015年5月21日より日本国内向けに販売している製品周辺機器など一部製品の出荷価格を改定することを発表した。為替の急激な変動により、製品の仕入れ価格、製造コストが上昇したため。

発売後の販売期間が比較的長期にわたり、為替変動の影響を受けやすいカメラ周辺機器sonyやラジオ、記録メディアなどの製品について出荷価格の改定を行う予定だ。価格改定率は5~20%程度とした。

また、あわせて、希望小売価格を設定している製品は、希望小売価格の改定を実施する。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
三菱商事の14年度決算、シェールガス・北海油田等の減損処理も前年比11%の増益を確保
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報など全て閲覧可!?ネット証券は『情報の宝庫』
オリンパスが最終損益で赤字転落、特別損失計上で
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?