ディズニーアトラクション
(写真=プレスリリースより)

オリエンタルランド <4661> は5月19日、運営するテーマパーク「東京ディズニーシー」(TDS)で2017年春に、新アトラクションをオープンすると発表した。ディズニー・ピクサー映画「ファインディング・ニモ」シリーズの世界をテーマにする。投資額は約50億円。

「ファインディング・ニモ」シリーズの映像とライドシステムの動きを融合させる屋内型の映像アトラクション。映画で描かれる海底の世界を体験できるようにするという。

アトラクションの映像制作には、「ファインディング・ニモ」の続編で16年7月に公開予定の「ファインディング・ドリー(原題)」の映画制作スタッフが参加する。

新アトラクションの導入に伴い、現在の「ストームライダー」は16年5月中旬に閉鎖する。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
なぜ、中国は「普通」の経済大国になりつつあるのか?(近藤駿介 元ファンドマネージャー)
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報など全て閲覧可!?ネット証券は『情報の宝庫』
4月の全国百貨店売上高が2カ月ぶり増、訪日外国人向けは過去最高
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法