訪日外国人
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日本政府観光局が5月20日に発表した4月の訪日外国人客数は、前年同月比43.3%増の176万4000人で、単月としては初めて170万人を超えた。3カ月連続で単月過去最高の更新となった。円安傾向の継続や外国人旅行者に人気の高い桜の花見季節が重なったことなどが要因とみられる。

日本政府観光局の発表によると、円安傾向や花見需要に加え、イースターや清明節といった休暇シーズンと重なったことや航空路線の新規就航などの要因も重なり、4月は訪日需要の高まりがみられたという。

市場別では中国をはじめ、台湾や香港、タイ、フィリピン、アメリカなどが単月としての過去最高を記録。特に中国が単月で40万人を、台湾が30万人を突破するなどアジアを中心に訪日客が伸びた。

日本政府観光局は5月も引き続き好調に推移すると予想している。夏休みシーズンに向けても、現在の円安基調に加えて、航空路線の新規就航や増便などが訪日需要の押し上げにつながるとみており、拡大が期待できるという。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
1億ドル超えも?世界のスポーツ選手長者番付トップ20
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
1〜3月のGDP、2期連続のプラスに
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法