設備投資
(写真=Thinkstock/Getty Images)

財務省は6月1日、2015年1〜3月期の法人企業統計調査を発表した。金融業、保険業を除く全産業の設備投資額は前年同期比7.3%増の13兆1294億円だった。増加は8四半期連続。

金融業と保険業を除く全産業の設備投資額のうち、製造業は6.4%増、非製造業は7.8%増だった。製造業では輸送用機械、電気機械、情報通信機械などで増加。非製造業では、卸売業、小売業、サービス業、電気業などで増加した。

金融業と保険業を除く全産業の売上高は前年同期比0.5%減の343兆5978億円。業種別では、輸送用機械、電気機械などが増加となったものの、食料品や石油・石炭などで減収となり、製造業では3.9%減となった。非製造業は運輸業、郵便業、情報通信業、建設業で増収となり、0.9%増だった。

経常利益は前年同期比0.4%増の17兆5321億円だった、製造業が1.3%減、非製造業は1.2%増だった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
世界の住みやすい都市ランキングTOP10、日本から選出された「3都市」とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
【FX戦略デイリー】OPTIM-ISM
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法