ThinkstockPhotos-177870623
(写真=Thinkstock/GettyImages)


先週の中国株式市場

■香港株 上昇が一服 銀行の資金調査や大手銀行の売却などを嫌気

cn20150601_1

■先週の概況

先週の中国株式市場は下落しました。ハンセン指数は2%余り下落し、2万7,424ポイントで終了しています。また、上海総合指数は約1%の下げとなり、4,611ポイントと上昇が一服しました。

先週のハンセン指数は、休場明け26日には中国本土と香港の投資ファンドの規制緩和で続伸スタートとなったものの、中国の銀行に対する資金流入実態調査が行われたことに加え、中国国有投資会社の中央匯金投資が、保有していた中国工商銀行と中国建設銀行の株式を売却したことも相場の重荷となり、その後は下落が続きました。

cn20150601_2


中国株式市場バリュエーション

cn20150601_3

cn20150601_4

cn20150601_5


業種別リターン

cn20150601_6

cn20150601_7


香港ハンセン指数採用銘柄 週間騰落率ランキング

cn20150601_8

cn20150601_9

■上昇

多くの銘柄が下落するなかディフェンシブとされる小売関連の銘柄に買いが集まりました。中国蒙牛乳業(チャイナ・メンニウ、食品、2319)は週間で3%超上昇し、ハンセン指数の採用銘柄の中で上昇率トップとなりました。

また、中国旺旺控股(ワンワン・ホールディング、食品、0151)も約1%高と堅調推移となりました。さらに、特段の材料は見当たらないなかで中国の果汁飲料最大手である匯源果汁(チャイナ・フイュアン・ジュース・グループ、1886)は大きく買われ、週間で32%超上昇しました。

■下落

中国の銀行に対して資金流入実態調査が行われたことを受けて、中国系の大手銀行株が概ね軟調に推移しました。中国工商銀行(1398)は週間で0.7%下げたほか、交通銀行(バンク・オブ・コミュニケーション、3328)も週間で約2%値下がりしました。また、米国の年内利上げ観測を背景に、香港系の恒隆地産(ハンルン・プロパティーズ、不動産管理・開発、0101)は週間で4.3%下落しました。

中国海洋石油(CNOOC、石油・ガス・消耗燃、0883)は27日に南シナ海東部海域で中型の新規油田を発見したと発表したにもかかわらず、国際原油価格の続落が嫌気され、週間で4%超下落しました。さらに、百麗国際控股(ベル・インターナショナル・ホールディングス、繊維・アパレル、1880)は、一部メディアが伝えたアリババと提携契約を締結との観測報道を否定したことが嫌気され、週間で11%の下落となっています。


先週発表された主な経済指標

特に重要な経済指標の発表はありません。


今後発表される主な経済指標

■6月1日 中国製造業PMI 5月 50.2 市場予想 50.3 前月 50.1

5月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.2と、市場予想の50.3を下回ったものの、前月の50.1から若干改善しました。俯瞰してみると、市場予想に届かなかったものの、前月よりわずかながら改善があったことは5月上旬に行なわれた一段の悪化を食い止めるための利下げがある程度功を奏したと考えられます。

内訳をみると、新規受注(50.2→50.6)や、生産(52.6→52.9)雇用(48.0→48.2)は改善した一方、在庫が前月から横ばいとなりました。

cn20150601_10


マーケットビュー

■ハンセン指数、強弱混じる材料で一進一退か IPOラッシュで需給悪化が懸念

先週の香港市場ではハンセン指数が1週間で2%安と2週間ぶりに下げました。休場明け26日には中国本土と香港の投資ファンドの規制緩和で続伸スタートとなったものの、その後は下落が続きました。中国の銀行に対する資金流入実態調査が行われたことに加え、中国国有投資会社の中央匯金投資が保有していた中国工商銀行と中国建設銀行の株式を売却したことも相場の重荷となり、3日間でハンセン指数は計800ポイント超の下落となりました。

強弱材料が混じるなか、今週のハンセン指数は一進一退が予想されます。とりわけ、6月2日から3日まで中国で23社の新規上場(IPO)が予定されており、需給悪化懸念が相場全体の重石となりそうです。

ただ、新華社(中国の国営通信社)が5月31日に報じた「リスクフリーレートが低下傾向にある中、投資家の株式への資産配分がまだ相対的に低く今後の株式への配分増加が期待できることや、海外資金が流入しつつあることが今後の上昇要因となる」との記事や、6月1日に発表された中国製造業PMIが50.2と前月から小幅ながら改善したことなどが支援材料になるといえます。

ハンセン指数は先週に25日移動平均線を割り込んだものの、5月の安値(2万7,191ポイント)や心理的な節目である2万7,000ポイント近辺では引き続き底堅さがみられそうです。

なお、個別企業決算では、1日に小売の大手である華潤創業(チャイナ・リソーシズ、食品・生活必需品小売、0291)の第1四半期業績発表が予定され、注目されます。

林宇川(TonyLin)
マネックス証券 フィナンシャル・インテリジェンス部

【関連リンク】
3社以上の証券会社が目標株価を引き上げた銘柄は
大相場ではテクニカルは無益
値下がり局面は長期的な投資妙味あり
米国の耐久財受注、第1 四半期GDP(改定値)、日本の消費者物価指数(CPI)の発表に要注目
ほっと、一安心。