街角景気
(写真=Thinkstock/Getty Images)

内閣府は6月8日、5月の景気ウオッチャー調査(街角景気)を公表した。景気の現状判断指数(DI)は53.3で、前月比0.3ポイント低下し、6カ月ぶりの悪化となった。円安による原材料価格の高騰などで企業の景況感が悪化したことが影響した。

製造業と非製造業ともに企業関連は悪化したが、家計動向関連の現状判断指数はサービス関連や飲食関連が上がったことで0.4ポイントの上昇となった。雇用関連も0.4ポイント上昇した。

2~3カ月後を見る先行き判断指数は、前月比0.3ポイント上昇の54.5だった。物価上昇への懸念が見られるが、夏のボーナスや賃上げ、外国人観光需要への期待で、家計動向部門や企業動向部門で上昇した。

内閣府は街角景気の基調判断を前月の「緩やかな回復基調が続いている」に2カ月連続で据え置いた。先行きについては「物価上昇への懸念等がみられるものの、夏のボーナス及び賃上げ、外国人観光需要への期待等がみられる」とした。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
伊勢志摩で16年サミット開催へ 首相、自然や伝統重
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
IoTもシステム効率化も、進行続くクラウド化
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法