日経平均
(写真=Thinkstock/Getty Images)

6月10日の東京株式市場の日経平均株価は、前日比49円94銭安の2万0046円36銭で終え、4日続落となった。5月19日以来、約3週間ぶりの安値となった。

午前は幅広い銘柄に買いが入ったが、午後に入り大量の売りが出た。黒田東彦日銀総裁が円相場について言及したことを受けて円高・ドル安が進むと、売りが優勢となった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
世界「ブランド価値」ランキングTOP100 日本から選ばれた5社とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
5月の企業物価、増税影響除き前年比2.0%下落
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法