ラインミュージック
(写真=プレスリリースより)

LINE(ライン)やエイベックス・デジタルなどが共同出資する「LINE MUSIC」が6月11日、定額制の音楽配信サービス「LINE MUSIC」を公開した。国内外の人気アーティストの楽曲150万曲をそろえ、月額の利用料は無制限の場合1000円となる。学生ユーザー向けの学割も用意した。

音楽をダウンロードして端末に保存するのではなく、データを逐次再生する「ストリーミング」方式のサービス。専用のアプリ「LINE MUSIC」をダウンロードして利用する。

対話アプリ「LINE」と連動し、トーク上で好きな楽曲やプレイリストを送る機能を持たせた。トーク画面上から再生することも可能で、バースデーソングとしてメッセージと一緒に音楽を送るなどの利用ができるという。

利用料金は、聴き放題の「プレミアムプラン」の場合、月額1000円。学割で600円となる。月に20時間だけ使える「ベーシックプラン」は月額500円で、学割は300円になる。6月11日からの2カ月間、無料で使えるキャンペーンを展開する。

楽曲数については順次追加する予定で、年内に500万曲以上の提供を、2016年には3000万曲以上の提供を目指す。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
金融庁、韓国の2銀行東京支店に行政処分
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
国際石開帝石が世界最大規模の地熱発電事業に参画、インドネシアで
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法