マンション
(写真=PIXTA)

不動産経済研究所は6月16日、マンション市場動向調査を公表した。5月の首都圏の新規発売戸数は前年同月比18.7%減の3495戸で、5カ月連続の減少となった。

5月の発売は3495戸で、前年同月は4300戸だった。前月比では52.9%増だった。月間契約率は71.1%と前年同月比7.8ポイント低下となり、好不調の目安となる70%を5カ月連続で上回った。1戸当たり価格は4812万円で、前年同月比で6.7%低下した。

6月の発売戸数は4500戸前後を見込みで、前年同月の3503戸を上回る見通しという。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
世界「ブランド価値」ランキングTOP100 日本から選ばれた5社とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
高金利通貨南アフリカランドの魅力とリスク・経済と内紛の不安
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法