ワイン (写真=Thinkstock/Getty Images)

サッポロホールディングス <2501> 傘下のサッポロビールは6月17日、9月1日同社売上分より、輸入ワイン57アイテム・輸入洋酒3アイテムを値上げすると発表した。輸送コストなどの上昇が要因。

同社は、2014年2月に輸入ワインの一部商品で値上げを実施したが、現地の蔵出し価格や輸送コストの上昇が続いており、今回さらに輸入ワイン・輸入洋酒の一部商品の値上げを決めた。

値上げ幅はアイテムにより異なり、平均で約7.8%という。

値上げするのはフランス「ラブレ・ロワ」の「ブルゴーニュ・ピノ・ノワール」「シャブリ・グラン・クリュ・レ・クロ」や、イタリア「サルデッリ」の「キャンティ」など。「ブルゴーニュ・ピノ・ノワール」では750ミリリットル入りの参考価格(税抜き)で、現在の2300円から2450円に150円値上げする。 (ZUU online 編集部)

【関連記事】
韓国で流行しているMERS、パンデミックの兆し
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
トヨタが今夏に「元本保証株」を発行、「AA型種類株式」の仕組みとは?
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る