日経平均
(写真=Thinkstock/Getty Images)

6月19日の東京株式市場の日経平均株価は、前日比183円42銭高の2万0174円24銭で終え、5日ぶりに反発した。

前日の欧米株高で投資家心理が改善したことなどを受け、自動車など輸出企業の株が買われた。金融政策街道で現行政策の維持が決まったが、大きな影響は与えなかった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
三菱UFJ、UBSのファンドサービス事業を買収
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
ぐるなびと鉄道会社2社、外国人旅行者向け情報発信で業務提携
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る