スーパー
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日本チェーンストア協会は22日、5月の全国スーパー売上高を発表した。全店ベースで1兆1246億円、既存店ベースで前年同月比5.7%増となった。消費増税の買い控えの反動で13カ月ぶりにプラスとなった4月の勢いを維持した。

商品別売上高は、主力の食料品をはじめ衣料品、住関品がいずれも5%を超える伸びを示した。特に家電製品は11.7%、農産品11.5%、子供服などその他衣料・洋品が12.8%増と好調だった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ハイブリッド「インプレッサ」を発売、スバル
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
Apple Watch で預金残高の確認可能に、みずほ銀・NRIのアプリで
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る