第3位 タージ・マハル〔インド〕

_pタージ・マハル
(写真=PIXTA)

インド北部のアーグラにあるタージ・マハルが第3位に入った。デリーから車で5時間ほどの場所にある。ムガル帝国5代皇帝シャー・ジャハーンが亡き王妃のために造営した総大理石の墓廟で、そのシンメトリーの美しさに圧倒される。


第2位 マチュ・ピチュ〔ペルー〕

_pマチュ・ピチュ
(写真=PIXTA)

第2位はインカ帝国の遺跡マチュ・ピチュ。アンデス文明は文字をもたない文明であったため、つくられた理由など詳しい史実はいまだ不明である。ウルバンバ渓谷の山間にあるマチュ・ピチュには、クスコから鉄道を利用するのが一般的だ。


第1位 アンコールワット〔カンボジア〕

_tアンコールワット_t
(写真=Thinkstock/Getty Images)

世界のランドマーク第1位には、カンボジアのアンコールワットが選ばれた。ユネスコの世界遺産『アンコール遺跡群』にある寺院遺跡で、広大なジャングルに囲まれている。朝日に照らされた姿はとくに幻想的で美しく、何度でも訪れたくなるスポットだ。

トリップアドバイザー株式会社によると、アンコールワットには日本語だけでなく英語や中国語、イタリア語など世界中の旅行者からの数多くの口コミが寄せられているという。世界のランドマークと呼ぶにふさわしい堂々の第1位獲得といえる。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
世界の住みやすい都市ランキングTOP10,日本から選出された「3都市」とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
夏休みに行きたい「人気の海外旅行」は?ー2015年夏休み旅行予約数ランキング
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPOに迫る