健康コーポレーション

健康コーポレーション <2928> は6月25日、フィットネスクラブを運営する子会社「RIZAP(ライザップ)」が東京都や福岡県など7つの医療機関と提携すると発表した。

RIZAPは、生活習慣を改善させるソリューションの1つとして治療に貢献できると期待されている。今回の連携強化により、生活習慣病の予防など医学的見地に基づくサービスの提供を進化させ、パーソナルトレーニングジムのさらなる地位確立と市場拡大を目指す。

ライザップは2015年2月に医療法人と連携したサービス提供を開始。今回、新たに7つの医療機関と連携を図ることで、サービスの質の向上を図るとともに、医療機関からの紹介などで新たな顧客獲得にもつなげていく。

今期中に提携先を100施設まで増やす計画で、肥満症をはじめとした生活習慣病の予防など予防医療分野で事業の拡大を図る。医療機関からの紹介で新規入会者の獲得が順調に進めば広告費の削減が可能となる。それによる10%~20%程度の営業利益率の上昇可能性、大幅な増益可能性がある。

今回、新たに提携が決まったのは「水道橋メディカルクリニック」と「医療法人社団もかほ会 武蔵村山さいとうクリニック」「新宿メディカルクリニック」(以上、東京都)、「博多ひのきクリニック」(福岡県)、「医療法人社団相生会 ピーエスクリニック」(同)、「医療法人みなとみらい 」(神奈川県)。

同社は発表資料で「RIZAPサービスそのものが、社会問題視される生活習慣病予防や改善に向けたソリューションとして治療に貢献し、大きな社会問題の解決の一手となるよう取り組んでまいります」とコメントしている。

なお、同社の足元の状況は、依然として顧客の待ち状況が続いており、堅調に推移しているとのこと。今後の成長にも期待が高まりそうだ。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
2015年後半の日本経済はどうなる?押さえておきたい6つの話題
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
「MERS」に追い込まれる韓国経済は立ち直れるか?
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る