島根県・津和野町での実証
(写真=プレスリリースより)

NECは29日、島根県・津和野町で、土砂に含まれる水分量を解析することで、土砂斜面の崩壊の危険度を高精度に算出するための実証を開始したと発表した。

この実験は、NECが開発した土中の水分量から土砂斜面の崩壊の危険度を、リアルタイムに把握できるデータ解析技術を利用する。また、「振動センサ」を用いた検証も行う。

NECは、土砂が物体同様、重量・構造・材質等の性質により異なる振動特性を有する可能性があることに着目し土中の水分量により変化する「土砂の重量」・「土中の水圧」・「土砂の粘性」・「土砂の摩擦」と土砂の振動特性に相関関係があることを発見したという。今回、実フィールドにて、振動特性と発見した相関関係から、土砂斜面の崩壊の危険度を把握できるか検証を行う。

(ZUU online 編集部)

【関連記事】
トヨタ、5月国内生産は14.1%減の21万5144台
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
ダウ平均は200日移動平均線まで調整か
NTTの上場を超えるか?ゆうちょ銀行、かんぽ生命、日本郵政の上場に迫る