vit1506_01_s (写真=プレスリリースより)

トヨタ自動車 ,7203 .は30日、ヴィッツを一部改良し、全国のネッツ店を通じて発売したと発表した。

今回の一部改良では、レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能にした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準装備(除く一部グレード)した。

また、先行車を検知し、信号待ちなどで先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる先行車発進告知機能を設定し、より安全運転をサポートしている。

外板色には、新色オレンジメタリックを設定。また、Jewela専用として、外板色に、新色クリームベージュ、アイスバーグシルバーマイカメタリック、内装色に、新規開発色クリスプアイボリーを設定している。メーカー希望小売価格は、148万8,000円(税抜き)~190万3,745円(税抜き)。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
富士重工業、コンプリートカー「SUBARU BRZ tS」を300台限定発売
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
トヨタがプリウスPHVを一部改良、値下げも
NTTの上場を超えるか?ゆうちょ銀行、かんぽ生命、日本郵政の上場に迫る