imasia_13962038_S
(写真=PIXTA)

一昨日で2015年の上半期も終りとなりましたが、この上半期の日経平均は約16%の上昇となりました。

昨年末に17,000円台半ばだった日経平均は原油価格の下落やギリシャのユーロ離脱懸念などで16,000円台半ばまで調整する場面もありましたが、その後切り返し2月に2007年7月の高値(18,261円)を上回って底入れを確認すると、4月には20,000円の大台を回復し、先月の24日にはITバブルでの高値(20,833円)を上回りました。

しかし、このように日経平均が堅調となるなかでも上半期のパフォーマンスが冴えなかった銘柄もあります。そこで今回はこうした銘柄のなかから下半期以降に挽回が期待される銘柄を取り上げてみました。

具体的にはこの上半期の株価の騰落率がマイナスで、目標株価コンセンサスが株価を2割以上上回る銘柄をピックアップしてみました。例えば上半期に株価が1割下落した日立 <6501> では、目標株価コンセンサスが株価を3割上回っています。

hint7-2

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク】
株価の決まり方 ギリシャ危機と株主価値
雇用統計直前レポート~9月利上げへの確度高めるか~
ギリシャ情勢の行方と金融市場への影響は?
ダウ平均は200日移動平均線まで調整か
中国株、強弱材料が混じるなかまちまちの展開か 中国製造業 PMIに注目