再生エネ
(写真=PIXTA)

NEC <6701> と関連会社のNECエネジーソリューションズは7月7日、アメリカ・カリフォルニア州の大手電力会社「サザンカリフォルニアエジソン(SCE)」に、出力2.4メガワット、容量3.9メガワットアワーの大型蓄電システムを納入した、と発表した。

今回納入するシステムは、SCEの配電網の安定化を支援するため、SCEが保有する配電網の負荷軽減のために利用される。

米国カリフォルニア州では、太陽光を初めとした再生可能エネルギーを活用した発電が増加しており、2020年までに33%以上の再生可能エネルギー導入を義務付けている。一方、再生可能エネルギーは、昼夜間の発電量に差が生じるなどの課題もある。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
日本IBMとトレンドマイクロ、標的型攻撃対策ソリューションで提携強化
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
投資したい「サントリー食品」、ビジネス女性はリスク分散派
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る